« 甘蕉の木に雪が降り積もる@京都 | トップページ | 鞍馬口ん家設計事務所 »

2008.02.16

京都・町家暮し_鞍馬口ん家の台所

Kuranag_0413

鞍馬口ん家には、町家の特徴である火袋(ひぶくろ)が残っています。
火袋とは、竃での煮炊きの煙や火の粉を逃がすための吹き抜け。
それにしても、この縦に大きい空間といい、さまざまなモノの在りようといい、
いろいろダイナミックな感じ。


流しの上の棚に並んでいるのは、お猪口が多い。
年4回開催される日本酒の会仕様に作られた
鞍馬口ん家お猪口も若干並んでいます。

Kuramag_0604

台所と板の間の間のカウンターの天板は
…もと在った床の板を外したものだ!きっと。

今まで何回も目にしていたはずなのに
今回写真を撮って初めて気付いたのでした…。


« 甘蕉の木に雪が降り積もる@京都 | トップページ | 鞍馬口ん家設計事務所 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216700/40144735

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・町家暮し_鞍馬口ん家の台所:

« 甘蕉の木に雪が降り積もる@京都 | トップページ | 鞍馬口ん家設計事務所 »