« デザインについての覚え書き | トップページ | お金についての覚え書き »

2008.03.04

べっぴん茅

先週末、神戸に出掛け、茅刈りを初体験してきました。
また茅刈りの風景の撮影も。
そこで私が魅せられたのは、美しい茅(ここではススキ)の束!

この日の多くの茅の束はこんな感じですが↓

Kayakaru_0035


私はひとめ惚れ?した茅の束は、

Kayakaru_0207

↑こんな姿のもの!
茅葺屋の職人さんは、
「これは、べっぴんや〜。」
といいながら
“全体的に細目、そして真っ直ぐ、全体のバランスとしては根元に対して穂先がよく細くて、
葉が完全に枯れ落ちていて”
と、よい茅(建材として)を説明してくれました。


この茅束をみたら、俄然茅刈りと束ねる作業に熱が入ってしまいました。
それまでは、気持ちいい日だなあー、とのんきに刈っていたのですが。
あんな美しい茅束を私もつくりたい!と思ってしまったのです。
茅刈り初体験なので、そんなに簡単につくれるわけないのですが。笑

この日、この出来事を通して改めて感じたのは、物事は出会い方が大事だなあということ。
べっぴん茅束を目にして、普通の茅刈り・束ねる作業が(それも面白いのですが)、
“美しい茅束をつくる”制作行為だと、私の頭の中で切り替わったのですから。
これは、この日の収穫。

この日、もうひとつ初体験。
図鑑でした見たことなかった“ナンバンギセル”の実物を初めて見ました。
冬なので立ち枯れていたので、簪(かんざし)のようでしたけど。↓

Kayakaru_0183

ススキに根に寄生するそうです。


+
茅葺き職人のブログ
http://www.kayabuki-ya.net/notebook/

茅葺屋
http://www.kayabuki-ya.net/index.html

« デザインについての覚え書き | トップページ | お金についての覚え書き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216700/40361253

この記事へのトラックバック一覧です: べっぴん茅:

« デザインについての覚え書き | トップページ | お金についての覚え書き »