« ある老舗の構えかた | トップページ | 天晴!ゲイシャさん »

2008.05.23

やっぱり“火”

Maki

昨日はお客さんとショールームめぐり。
実物で体験し様々な希望をヒアリングしました。
何カ所か巡った最後の場所は、薪ストーブ会社のショールーム。
計画の当初は、基本的には床暖房を入れ
オプションでペレットストーブを設置するかどうか、とのことでした。
しかし、薪ストーブのショールームにいったら…


私たちが到着したら、ストーブに火をおこしてくれました。
スタッフの方が、手慣れた感じで新聞紙をまるめ
ストーブの中に放り込んだら
今朝焚いた残りという火で、再び点火し
次には薪と廃材(木製パレット)を空気が通りやすいように軽く組んで置いたら
さらに火が大きくなって

とにかく鳥肌がたったのは
空気調整レバーでその火を自在に変化させた時!
火の大きさはもちろん、炎の色までさまざまに変化し
特に空気を絞った時の、暗めの炎は何とも美しかった!
ストーブの黒いボックスの中で暗めの赤が立ちのぼる様子は
何とも形容しがたい情景でした。
(ちなみにそれは上の写真のような様子ではありません。
ケイタイではうまく撮れませんでした。笑)


“火をおこし、操り、眺めて時間を過ごすって豊かなこと”
とお客さんと実感し(周知に事実であるけど)
「床暖やめて薪ストーブを置いてみようか。」
という流れになってきました。


通常は今の時期に、来シーズンの冬(今年の冬ではなく)の薪を準備しはじめるそうです。
この時間の流れも、薪ストーブ時間であるのかも。
そして子供の頃大好きだった
ぐりとぐらも思い出しました。
薪の火でケーキとかパンとか焼いてみたい。
(書いてるうちにお腹がすいてきました…。)
薪ストーブのオーナ―になるということは
何か今までの生活とは違うものを
いろいろ受け取れそうな感じです。


それにしても
おそらくお客さん以上に
薪ストーブ屋さんの術中に嵌まった私でした。笑

« ある老舗の構えかた | トップページ | 天晴!ゲイシャさん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216700/41293828

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり“火”:

« ある老舗の構えかた | トップページ | 天晴!ゲイシャさん »