« 和福美でSOUSOU取材撮影 | トップページ | 自転車通勤中 »

2008.05.09

“だいたいでいい”

ここ最近で一番印象的だったのは
徳之島へコーヒー収穫のボランティアにいっていた友人から聞いた言葉。

先週、徳之島から返って来たばかりのその友人から
コーヒー収穫作業を含む1週間ほどの農業体験を聞いた。
その体験の中での、何かの苗を60センチ間隔で植えるという仕事をもらった時の話。

最初、彼は60センチをきっちり測って植えてたそうな。
それを見ていた雇い主さんが
「あー、だいたいでいい、だいたいで。」
と言ったそう。
その体験を含め
「農業はだいたいでいいところも多いにあると気付いた」
と報告してくれた彼が
なんだか面白く、そしていいなあと思った。
前の印刷関係の仕事では、きっと几帳面に仕事をこなしていた彼から聞いたその言葉が
すごく新鮮に感じたのでした。

そして“だいたいでいい”というのは
単純に“手を抜いていい”ということじゃないのだろうな。
植物が相手であるとか、天候まかせとか、
人間が完全にはコントロールできない大きな力が働いている環境のもとでやる仕事だからこその
構えと考えたらいいのだろうか。

それで気付いたのは
デザインとか、写真を撮るとかも
全部自分でコントロールできるような気になることがあるけど
本当はそうじゃないんだろうな、ということ。

« 和福美でSOUSOU取材撮影 | トップページ | 自転車通勤中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216700/41139891

この記事へのトラックバック一覧です: “だいたいでいい”:

« 和福美でSOUSOU取材撮影 | トップページ | 自転車通勤中 »