« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008.08.27

秋空の物干しBar@好日居

Kjkyo_0322


先週末日曜日、地蔵盆の撮影のため京都に訪れている写真家が
友人のする町家茶処・好日居にもやってくるというので
何かよいお話しが聞けるかもと、ご一緒させて頂きました。

好日居の一階でお茶を飲んだ後、
夕暮れ時の空のもと、ビールをいただこうという流れに。

Kjkyo_0317


気持ちのよい風の中でひとしきりビールを楽しんだ後
今度は抹茶を点てて頂くことに…

Kjkyo_0341
秋の日暮物干茶会、です。

Kjkyo_0328
写真家はカメラを取り出し撮影、私はその姿を撮影。
さらにその姿を撮影した方もいました。笑 →コチラ

Kjkyo_0330
結構なお手前のようです。

Kjkyo_0325

この日は空が高く感じました。
たくさんの飛行機雲や
好日居の物干し場からみえる大文字や
粟田山に帰る烏の群れを
日が暮れるまで眺めました。
もうすっかり秋です。

<

| トラックバック (0)

2008.08.26

近しい人の知らない表情に出会う

Dsc_0282
北インド音楽の即興演奏。
左から、タブラ、タンブーラ、シタール各奏者。

-------------------
先週末は友人のイベントに足を運ぶ。
友人がミュージシャンであるのはもちろん知っていたが
彼女がインド音楽を演奏するのを見たのは実は初めて。

かなり近しい友人といえるが
歌う彼女のこの表情には、初めて出会った。

Dsc_0298

Dsc_0300

| トラックバック (0)

2008.08.21

茅葺きの風景_屋根は畑

Sunaki080805_0761

南丹市美山町で工事進行中の茅葺き家屋・砂木の家の屋根の上にて。
屋根の棟部分に茅を積んでいる風景ですが、さながら空中の畑のよう。
茅葺き職人の彼らが言うには、“茅葺き”はお百姓さんの業(わざ)の一つだそう。

| トラックバック (0)

2008.08.20

焙煎の風景_焼き上がり

Oyac_0547
さて、前回の続きです。
余熱をつかって仕上げて行きます。

Oyac_0564
(なんと!)素手で熱の具合を確かめ

Oyac_0575
あとは、宙づり扇風機で豆をさまします。


Oyac_0572
焙煎したての豆。
深く煎られた豆はしっとりと輝いていました。

このように深い焦茶色になった豆で出したコーヒーは
苦いのでは…、と思うかもしれませんが
焙煎を進めることによって、引き出される甘みがあるとのこと。

ちなみに、いつも頂いている大宅さんの深煎り豆は
深いコクとしっかりとした甘みがあります。
ある友人に大宅さんのブラジル豆の深煎りを淹れたところ
「のどの当たるような(深いコクがある)感じ。」と表現。
そして苦みが舌に残ることはなく、後味はすっきり。
(私がドリップに失敗しなければ。笑)

Oyac_0653
熱がとれたら一斗缶に収納。右は焙煎前の生豆です。


それにしても今回焙煎作業を見せて頂いて驚いたのはその作業のシンプルさ!
その極めてシンプルな工程から
さまざまな味の(焙煎された)美味しいコーヒー豆が出来上がってくるのは
豊かな経験と本来から持つ本人の鋭い感覚によるものなのだなあ、と思いました。
すごい職業です。
(焙煎の他に、豆の品種のセレクトやら、生豆の時点でのいくつかの作業もありますが)

あと今回のもうひとつの驚きは
「僕のコーヒーは焙煎してから1ヶ月楽しめるよ。」
というコメント!
焙煎したてが美味しいと思い込んでいた私は
家に到着してからなるべく早く飲むようにしていました。
焙煎したての方が、お湯を注いだ時にコーヒーの粉がよく膨らんで
うまくドリップできる気もしていて…。
でも、この日の話によると1ヶ月程度置いておく間に味が変化するようで
その時々の味が楽しめるとのことです!
これからそんな飲み方も意識的にやってみようかな。


| トラックバック (0)

2008.08.19

日本海と石州瓦

Sanin_0355

お盆休みに山陰地方に出掛けてきました。
旅の主な目的は60年に1度の公開という出雲大社本殿の参拝と
島根県益田市にある、建物ほぼすべてが石州瓦で覆われているという
島根県芸術文化センター(グラントワ)を訪れること。

山陰という地は実際の距離以上に時間的に遠い土地で
初日はかなり朝早く京都を出発したというのに、
目的地の益田市に着いたころはすっかり夜でした。

しかしながら、益田にたどり着くまでに
久しぶりに乗った山陰本線の窓から望むことができた
本当に美しい海と、艶があってこっくりとした黒と
赤い土色の石州瓦をのせた集落の数々。
日が沈むまで夕暮れ時の美しい山陰地方の風景を充分に楽しみました。

Sanin_0032

Sanin_0029

Sanin_0005


Sanin_0034

Sanin_0036

2008.08.18

焙煎の風景_撹拌

Oyac_0521
焙煎機から豆を出すまで、あと僅かの時間。
傍らにはストップウォッチ。


-------------------------
さて、前回の続き。

Oyac_0529
もう一度焙煎中の豆を取り出し、チェック。
そして…

Oyac_0541
その時がきたら豆を一気に取り出します!
ロースターから出した瞬間は、湯気もあがりました。
(写真ではわかりにくいですけど)

Oyac_0640

Oyac_0641

Oyac_0559
ロースターから取り出した後、
撹拌しながら余熱でさらにジャストの焙煎へ。
深く焙煎されたものは、豆自身のオイルが表面に滲み出しツヤツヤと光っています。
私はこのくらい深く焙煎されたものが好み。

Oyac_0558
小型の扇風機も出動。
しばらく撹拌を続けます。

…ツヅク


| トラックバック (0)

2008.08.08

焙煎の風景_その2

Oyac_0527
ロッキングチェアに座りギターを弾きつつ、焙煎の仕上がりを待つ…?
後ろの棚には各産地の生豆たち。


------------------------------
焙煎風景の続きです。
そろそろ程よい焙煎具合になってきたよう。
Oyac_0536

Oyac_0540
ドラムから豆を少量取り出して、焙煎度合いをチェック。


Oyac_0534


まだジャストタイムじゃないよう。
蓋を閉めてもう少し焙煎をすすめます。
Oyac_0532

Oyac_0637_2
でも、あとほんのちょっとのタイミングのようです。
その時に備えて焙煎機の前でスタンバイ。


…ツヅク。


2008.08.07

焙煎の風景

Oyac_0524
スケートボードに乗って焙煎を待つコーヒーの生豆たち。笑


------------------------------
私がいつも飲んでいるコーヒーはこんなふうに焙煎されているよう!
その風景をラフにですがカメラに納めてきました。
Oyac_0614
火を入れてから豆を投入。


Oyac_0616
温度は200度にあがっています。


Oyac_0639
焙煎機の火。
ちょっと解りにくいかもしれませんが、
豆が入っているドラムの下から加熱。


Oyac_0623
焙煎家の大宅さん。
ある程度まで焙煎が進むまで、既に出来上がっている豆を梱包したり。


Oyac_0587
ちなみにパッケージされている豆たちはこんな感じ。
ウチにやってくるのとはちょっと違う。スタンプも違うなあ。


Oyac_0565
焙煎機、フル稼働中!

| トラックバック (0)

2008.08.06

美山町のコーヒー焙煎所を訪問

Oyac_0517

昨日は京都府南丹市美山町へ。
一つの目的は、私が日々愛飲しているコーヒーの豆を焙煎している
大宅コーヒーさんを訪ねること。
どんなところであの美味しいコーヒーを焙煎されているのか、と
前から訪ねてみたいと思っていました。

焙煎所は美山町の集落の高台にあって
蒸し風呂のような京都市内とはうってかわって
さらっとして風が室内を吹き抜けていました。
焙煎機が置かれてる縁側の目の前は
トウモロコシ等々、夏野菜が育っている畑。
のどかな風景を見下ろして、この日も豆を焙煎をされていました。
こんな気持ちのよいところが仕事場なんて…ちょっと羨ましい。



Oyac_0619

風格たっぷりの焙煎機。
私が過ごさせてもらった時間の中でも
このマシンで焙煎すること2回。

2008.08.03

京都・岡崎の野外上映会にて

Iwan_0317

先日、京都国立近代美術館Pにて開催された野外上映会にいってきました。
セルゲイ・エイゼンシュテインのイワン雷帝を観た事なかったので。


1部2部通して、3時間程度の大作。
途中休憩がありました。

Iwan_0329

Iwan_0340

Iwan_0349

屋台があって、ビールあり、かき氷あり。


Iwan_0365


幕間はちょっとした社交場となっていました。
私も友人とばったり。

Iwan_0371

Iwan_0359


気の置けないトモダチと、夕涼みがてら映画という、なかなか良い夜。

Iwan_0374

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »