« 花束舞い降りる | トップページ | 最近気になっていること »

2008.09.10

グアテマラ・テキスタイルに見る手仕事

Huipil_0451t
グアテマラのある地方の帯(頭帯)

---------------
先月のことですが、ある個人の方の
グアテマラ・テキスタイルのコレクションを見せて頂く機会がありました。
それらのテキスタイルの知識に明るくない私ですが
数々の布の美しさが並のものでないことを感じました。

何より心を動かされたのは
家族のためや、自分自身のためにつくられたそれらの
時間や手間を惜しまないモノづくり。
現在のわたしたちのまわりにある多くは
コストと時間が合理的に働く落としドコロで
カタチとなって存在している。
それ自体は悪いことではないけど
「だから、こんなもんでいいでしょ。」的なモノが溢れている環境にあって
それとは全く別の次元でつくられたこれらテキスタイルの放つ存在感はちょっとした衝撃。
“愛おしむべきモノ”とはこのようなモノのことを言うのでは。


これらグアテマラ・テキスタイルのコレクションの展覧会が
11月1日(土)〜2日(日) 京都・町家 Casa de Bananoで開催されます。
詳細は追ってお知らせすると供に
展覧会まで幾つかのグアテマラ・テキスタイルをここで紹介していきます。


---------------
上の画像および画像中の織物意匠の無断転載を禁止します。

« 花束舞い降りる | トップページ | 最近気になっていること »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216700/42433511

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ・テキスタイルに見る手仕事:

« 花束舞い降りる | トップページ | 最近気になっていること »