« 好日的閑暇 | トップページ | 好日的閑暇 '08名残のお茶 »

2008.12.09

家の過去時間

昨日から、前に私の家に住んでいた夫婦がカナダから来て
二軒隣の友人の家に週末まで滞在している。

旦那さんの方は、日系カナダ人でミュージシャン、現在カナダで教員免許取得中。
私が今の家に越してくる前は
教師仲間であり、音楽仲間である二軒隣の友人と
よくセッションしていたということだった。

私が今まで聞いた、その友人と日系カナダ人の彼とのエピソードの中で特に好きな話は
「一緒にごはんを作っているときに、曲ができたりするんだよね。」
というもの。
音楽をやらない私にとっては、なんて素敵な光景なんだ!と
いろいろ想像を膨らましていたのでした。
きっと今の私の家の土間でも、そんなひとときがあったんだろうなと。

でも昨夜、隣人の家の方でその状況を目撃したのでした!
MacのGarageBandというアプリケーションの使い方をテストしている時に
タンブーラ演奏(隣人)のトラックに
ボーカル(日系カナダ人の彼)を重ねて、
ゆるりとしたフレーズが、さっと出来上がってしまっていた…。

なんかそのひととき、タイムスリップしているような感覚に。
私はこの風景がすごく見たかったのに気づきました。
きっと今大事な友である隣人の彼女の
以前の、ある幸せな時間が見てみたかったというのと
私が今住んでいる家の過去の時間が見たかったのだな。

それほどまで、今の家に興味があるということなんだな。
そういう家って、どのくらい世の中あるんだろうか。
ちなみに別の隣人の好日居さんの家の歴史も知りたい。
実はその家、彼女が今のようにお茶処として使う前までは、何十年も空き家だったそう。
冗談抜きで、彼女を待っていたんだろうと思います。

« 好日的閑暇 | トップページ | 好日的閑暇 '08名残のお茶 »