« 古い家から | トップページ | “新生!モスリン -現代作家の仕事- ”展 »

2009.02.01

風に木建具はためく



立春までまだ日がありますが
昨日に引き続き、今日も少しばかり春の気配が。
陽射しは、数日前とは確実に変わってきている気がします。
冬の京都で一番寒い時期というのは節分の頃、と聞きましたから
暖かくなるには早すぎるのかもしれませんが…。

その気の早い春風が、
我が家の木の建具(窓)を
朝から賑やかに旗めかせていました。

友人が以前に
「建具が旗めくたびに、風の軌跡がわかる」
というようなことを言ってましたが
今の時期なら、春を配り歩いている音かな。




« 古い家から | トップページ | “新生!モスリン -現代作家の仕事- ”展 »