« 花見団子 | トップページ | ハイジな気分 »

2009.03.19

大阪・柳々堂書店にての撮影

Ryuryu02871m


2月に取材撮影した大阪・柳々堂書店の写真が
建築雑誌の住宅建築4月号の掲載されました。

柳々堂書店は創業115年の建築専門書店。
約10坪の店内に建築本が1万5千冊程という驚異の品揃え。
一方、一般的な雑誌や本も扱い
建築関係以外の人も利用する街の本屋さんでもあります。

この書店が、街にどのような佇まいで在るのか
小さな店内で、書店の方たちがどのように立ち回り
活き活きとした雰囲気を生み出しているか
名物である朝の本の配達風景の躍動感、
一方それは毎日のことであるからルーティンでもあって
どんな感じで規則正しく事が運ばれているか
そして書店にやって来た人たちの過ごし方

などなどをカメラで納めたく
朝早く大阪京町堀までカメラと一脚を持って出掛けました。


この記事は「街に開く書店」という連載で
1回目の前回は東京・南洋堂でした。
と、すると西は大阪・柳々堂書店ということ。
柳々堂は、ユニークな社長をはじめ、書店に居る人と
豊富な書籍によってかたちづくられた
新鮮な情報に満ち満ちたな書店でした。
昔読んだミラノの書店を描いた「コルシア書店の仲間たち」を
思い出したり。




Ryuryu0168m




« 花見団子 | トップページ | ハイジな気分 »