« 花束 | トップページ | 描きたいものを描く、気負わず淡々と。 »

2009.05.22

ポール・コールマン+ジュネス・パーク 講演会「土と食と人とのつながり 取り戻そう」 09.6.11Thu.

Chikyulovea5_omote02_2

アース・ウォーカー、木を植える男の名をもつ
ポール・コールマン氏と
NGO FTFA(Food and Tree for Africa)代表の
ジュネス・パーク氏のジョイント講演会が
6/11木曜日、京都キャンパスプラザで開催されます。

----------------------
ポール・コールマン+ジュネス・パーク
ジョイント講演会 日本最終日
「土と食と人とのつながり 取り戻そう」
2009.6.11Thu. 18:30-21:00

中国の環境の現状が、私たちの食に与える影響とは?
18年間地球を歩きながら木を植え続けているアース・ウォーカー、ポールさんが
2008年グリーン・オリンピック・ウォークの為に
一年間 歩いて見て来た様子を、映像と共にお伝えします。
パーマカルチャー(パーマネント+アグリカルチャー) とは?
どんな木が隣同士なら、農薬を極力使わない で育てられるのか?といった方法により、
持続可能で安全で豊かに暮らして行く為のライフスタイルを支えていくもの。
荒廃した南アフリカの土地や人々の心を
再び大地と結び付ける手助けをしている、環境活動家のジュネスさん。
その活動は、地球温暖化の減速や食料の確保に貢献しています。

私たちが今、出来る事は何なのか?
自分の目で耳で確かめる為に、ぜひ御来場ください。


“ひとりの力が出来ること”
“One man can do!”


会場:
キャンパスプラザ京都5F第1講義室
JR京都駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側
京都市下京区西洞院通塩小路下ル
tel.075-353-9111

Ticket:
一般¥2,000 /学生¥1,000
中学生以下は無料

イベントURL:http://www.earthwalker.com/index_jp.htm

イベント問合せ先・チケット購入: 
あばんしぇ tel: 075-712-2908
Email: abanshe@hotmail.co.jp


Chikyulovea5ura


講演者プロフィール

ポール・コールマン|アースウォーカー・環境活動家
1954年、イギリス、マンチェスター生まれ。
1990年、アマゾンの森林保護を訴えるため、
カナダから第一回地球環境サミットの開催地ブラジルまで、
2年間かけて徒歩の旅を敢行、メキシコでは1万人の人々と歩き、
それに刺激されたチアパス州政府は
125万米ドルを熱帯雨林保護に充当することを決定した。
以来、39カ国、4万7000キ ロを歩き、
支援者によって1130万本以上の木が植えられた。
環境の再生と持続可能な社会の実現のために
「個人が行動することの重要性」を伝えている。

国連ピース・メッセンジャー・イニシアチブ 「カルチャー・オブ・ピース・イニシアチブ」大使、「セレブレーション・アース」共同代表「WONDERFUL WORLD 植林FESTIVAL」代表 、「アース・チャンピオンズ」大使。
http://www.earthwalker.com

------
ジュネス・パーク
「NGOフード・アンド・ツリー・フォー・アフリカ(FTFA)」代表・環境活動家

1990年、アパルトヘイト時代後の南アフリカの発展には
貧困問題と環境破壊問題の解決が必須と考え、
持続可能な資源利用と雇用創出、環境教育の普及を目的とした
NGO「フード・アンド・ツリー・フォー・アフリカ」を設立。
アパルトヘイト時代におざなりにされていたスエトウなど
南アフリカの人口の66%が住む貧困地域の各家庭に
樹木を寄付し、育て方などを教えることで、
人々に精神的な豊かさと大地のつながりを取り戻してもらうと同時に、
環境意識を高め、地球温暖化の減速に貢献。
これまでに330万本を植樹した。
また、人々が自分たちの手で食糧を確保できるように
地域や学校でパーマカルチャー教育を展開。
雇用を創出し、食糧確保に貢献している。
2007年には国連環境計画(UNEP)から環境活動家に与えられる名誉ある賞、
「UNEP笹川賞」を受賞した。
http://www.trees.co.za

------
菊池 木乃実|通訳・作家
1965年茨城県生まれ。
2004年、アースウォーカー、ポール・コールマン氏の講演会に参加。
彼の活動に感銘を受けたことがきっかけで、
翌年コールマン氏の半生を執筆し、角川書店より出版した。
その後、沖縄本島を歩きながら木を植える旅に参加し、
2005年9月にコールマン氏と結婚。
以来コールマン氏と共に、中国、韓国、日本など
約5000キロを歩き共に活動を行っている。
http://blogs.yahoo.co.jp/earthdaywalk

------
主催 : あばんしぇ 
翻訳協力 : 平川 恵美子
京都会場デザイン協力 : nagi+parammm.net

----------------------



菊池木乃実氏による
「木を植える男 ポール・コールマン」を読みましたが
“地球のために働く”ポール氏の生き方は
特殊解(いうもでもないが)で壮絶。
そう、本当に“壮絶”というのが率直な印象。
講演会でどんな話をされるのかわかりませんが
小学生なんかが、彼の今までの人生の道のりを知ったら
びっくりするだろうな。
中学生以下は無料なので、
時間があれば是非会場に足を運んで欲しいです。

個人的にはアフリカにて実践的な方法を説き
活動するジュネス氏のお話も興味ありです。

« 花束 | トップページ | 描きたいものを描く、気負わず淡々と。 »