« 前から知っているような | トップページ | ほどよい距離、ほどよい目線 »

2009.07.19

五条坂の陶のギャラリー

Shmzk0154_2


先週末に訪れた陶のギャラリーの佇まい




Shmzk0195_2


小さなうつわの並ぶ展示台は
かつて屏風が納めてあった箱とのこと




Shmzk0205_2


窓辺に並ぶカップたち
クッキーにのっているアイシングのように美味しそうな
柔らかい印象の白い釉にもとても惹かれました




Shmzk0251_2


かつて五条坂あたりは登り窯が各所にあり
いつもどこかは稼働していて
その時火の入れる窯に成形した陶器を持ち込み
共同で焼いていたそうです

この看板は昔使っていたものだそう
“ちゃわん”という響きから
当時は陶器卸問屋で
生活雑器をたくさん扱っていたのが偲ばれます


+
shimizuke.net
http://www.shimizuke.net/index.htm

五条坂清水ギャラリー
http://WWW.shimizuke.net/blog/archives/2009/03/post_225.html

清水志郎氏の作品
http://www.shimizuke.net/gallery_shiro/gallery_shiro.htm




« 前から知っているような | トップページ | ほどよい距離、ほどよい目線 »