« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009.08.31

Coming Soon,アトリエ・ハピバールWeb Site

Hapibarweb


この秋OPENのアトリエ・ハピバールのウェブサイトのご案内。
http://hapi-bar.com/

ロゴとイラストは、アトリエ・ハピバールのメンバーMさんによるもの。
イラストの方は、ハピバールという場所のチャーミングさが
出ているように感じます。

サイトは準備中ではありますが
はびきの園のHPと
アトリエ・ハビバールのアドバイザーで
アーティストでもある吉田マリモさんのモノづくりBLOGの中の
アトリエ・ハピバール”が紹介されています。
恐縮ながら、弊ブログも。

サイトが正式にアップされたらまた告知します!



2009.08.27

灯りひとつ

Taler0117


建築やっている友人が
自分の部屋を自身でリフォームしているのを見学してきた。
今のところは木軸をたて、プラスターボードを貼ったばかり。

しかし、前の部屋からもってきた照明器具が
たったひとつ下がっていて
この部屋がどんな空気の場所になるか
既におおよそのところ伝わってきた。
想像したものは“形”ではなくて、やはり“空気”といったほうがふさわしい。

それを確実に語っていたこのひとつの灯り。
デザインとは不思議なものです。



Taler0154


今日はプラスターボードの目地やネジ頭のパテ埋め。
私は途中で帰ったけど、作業は天井までいっただろうか。
天井のパテ塗りは大変そうです。

2009.08.25

たしなみのバナナ茶会 By好日居

Cdbbanat0068


京都・岡崎のとある長屋の中庭に、数本の大きなバナナの樹があります。
え、雪も降る京都にバナナの樹?と思うのは当然…。
バナナにとって京都の気候もごく小さな中庭という状況も
けっして快適とはいえないと思うのですが
なぜか健やかに育ち、今年は3房も実をつけています。
その茂れるバナナにインスピレーションを受けた好日居さんが
先の日曜日にここCasa de Bananoにて
お茶会を開催してくださいましたのでその報告を。


まずは、バナナ茶会の案内から

------
たしなみのバナナ茶会
2009/8/23 18:30-
@Casa de Banano
by 好日居

「バナナ」は植物分類学上 「ショウガ目/バショウ科」に属す
バナナの花言葉は「風格」

芭蕉野分けして 盥(たらい)に雨を 聞く夜哉   松尾芭蕉
俳人・芭蕉は隅田川の草庵に芭蕉を植え大いに茂り「芭蕉庵」と名付けたといわれる
現代の「芭蕉庵」、それは岡崎白川傍「Casa de Banano」の事であろう

さあさあ…バナナ茶会のはじまりだあ!
さあさ気に入ったらCasa de Bananoに寄っといで!
そこのおにいさん、おねえさん
バナナ茶会をやろうじゃねえか!


MENU ー茂れるBANANAの草の下で−

序章 バナナは草である/草の水
第一章 飲むバナナ/バナナの叩き飲み?/チベタンバター茶+BANANA
第二章 詠むバナナ/芭蕉にちなんで俳句会
第三章 喰うバナナ/楽しむお菓子/BANANA色のお茶。雲霧単叢(広東省…バナナの産地)
最終章 当たるバナナ/お楽しみ!スペシャルバナナ当たる!

さよなら三角またきて四角
四角は豆腐 豆腐はうまい
うまいはバナナ バナナはスベル
スベって転ンで当ルはバナナのお楽しみ!

------


Cdbbanat0089



2009.08.22

音と服と珈琲の時間@飛騨 09.9.26Sat-27Sun

Asamarftftkymflyr_omotew_2


音楽+ファッションの展覧会のお知らせ。


----------
音と服と珈琲の時間 -music+clothes Exhibition-
09.9.26Sat-27Sun

@岐阜県飛騨市古川町壱之町・壱之町珈琲店

多彩な音色を持つ、淺野靖世×MAR の音楽と
fujii+fushikinoのモスリンの服によるコラボレーション。
初めての飛騨公演、そして初めてのコラボ・イベントになります。
“ 音楽と服”の競演を、耳で目で、珈琲の薫りと供にお楽しみを。

----------
09.9.26 Sat 淺野 靖世×MAR Live
開場18:30 開演19:00
前売:\2,000 当日:\2,500 (いずれも1drink付)
チケット申込・問合せ 淺野 080-3649-7688 /壱之町珈琲店 0577-73-7099
※26日展示時間中、即興で演奏の予定あり。

淺野 靖世×MARのプロフィールはコチラ
----------
09.9.26 Sat-27 Sun 9:00-17:00
fujii+fushikino Exhibition“モスリンの服”

モスリンとの出会いをきっかけに、
この布地を使って自分たちの着たいと思う服はできないだろうかと、
fujiiが布づくり、fushikinoが服作りを担当し
08年より京都を中心に活動を始めました。
モスリンとは、ウールなどの単糸で平織りした織物で、
薄手で柔らかく、保温性もありつつ蒸れにくいのが特徴です。
染めた時のなんともいえない発色も魅力の一つです。
そんなモスリンの、軽やかで色鮮やかな服を身にまとうことで、
着る人やその回りの環境が少しでも風通しよくなればいいなと思います。
ぜひ自分の色を見つけに来て下さい。


Fujii+fushikino 今後の予定
09.11.02〜11.08 ウーバレゴーデン・兵庫
http: //www.ugi.jp/index.html

09.11.22〜11.23 ミリバール・大阪
http: //www.artniks.jp/millibar/salon.htm

fujii+fushikino問合せ: ryocoo@mbox.kyoto-inet.or.jp
HP: http://ftof.jugem.jp

----------
会場:壱之町珈琲店
岐阜県飛騨市古川町壱之町一番十二号→map
JR飛騨古川駅徒歩5分 P: 市営無料駐車場有
Tel : 0577-73-7099 Open 9:00-17:00 火曜休
E-mail :juncafe@alpha.ocn.ne.jp

----------


Jazzやラテン、それにモスリンのカラフルな服。
どんな時間、空間になるのでしょう。
淺野靖世×MARのメンバーとFujii+fushikino、その共通点は
ワクワク、そしてキュートさとしなやかさ。
私の中では彼女たちをそんな感じで捉えています。

ミュージシャンと作家、この両者の出会いは
実は今年の春のCasa de Bananoでのイベント。
そしてCasa de Banano にてデザイン活動をするparammm
フライヤー、ポスターをデザインすることになり、素敵な縁となりました。


+
MAR(服部 玲子 Sax /尾崎 愛 Piano / 田口 美郷 Percussion)のメンバーについては
今年の秋に、再度Casa de Banano にて素敵なイベントを企画してくれています。
こちらは日が近くなりましたら、また告知します。



音と服と珈琲の時間・アーティスト紹介

Asamarftftkymflyr_uraw_2


淺野 靖世 Vocal 
岐阜県高山市出身。富山県大沢野こどもコンクール中・高生の部(声楽)第1位、同志社女子大学 音楽学科 演奏専攻 声楽コース卒業、同大学音楽学会 特別専修生修了。第21回岐阜県新人演奏会、第23回京都芸術祭デビューコンサート出演。世界陸上大阪大会Entertaiment Show、京都細見美術館ジャズジョイントコンサート出演等、様々な演奏活動を行い、地元高山でも高校時より演奏会を開催してきた。ウイーン夏期国際マスタークラスにてエヴァ・ブラホバのレッスンを受講。三井ツヤ子、垣水 典子、堀 比佐子、吉眞 亜矢子に師事。

MAR 服部 玲子 Sax /尾崎 愛 Piano / 田口 美郷 Percussion 
名古屋音楽大学卒業の女性3人組ユニット。それぞれ別のフィールドで活躍する3人が、08年より共に演奏活動を開始。クラシックを基礎としながらも、ジャンルにとらわれない柔軟な音楽性や多彩な音色、ステージパフォーマンスが好評を得ており、これからの活躍が益々期待されている。現在、名古屋を中心に京都、大津、岐阜等で精力的な演奏活動を展開中。



2009.08.20

BOTUCATU MEXICO・・メキシコの、いい空気

Bctcmex
写真撮影;parammm.net

--------------------
BOTUCATU MEXICO 〜メキシコの、いい空気〜
BOTUCATUとはブラジルのインディオの言葉で「いい空気」

日時:2009年9月13日(日)
場所:港区立エコプラザ
参加無料/お申込みの必要なプログラムもあります

メキシコと日本が交流をはじめて400年目の今年、
9月16日のメキシコ独立記念日を前に、
エコプラザにディープでオーガニック(本質的)なメキシコがやってきます。
メキシコ好きの人だって、こんな土着のメキシコはきっと初体験。
みたり、きいたり、たべたり、のんだり、おどったり。
全身で、メキシコの「いい空気」に触れてください。

詳しいプログラムはコチラ↓
http://eco-plaza.net/blog/2009/09/13/20090913_botucatu_mexicoday.html


--------------------
アーティスト・荒木珠奈さんを迎えてのワークショップ、
「メキシコ先住民のセンスあふれる飾り物“エストラージャ(星)をつくろう!”」
(子供向けのワークショップですが…私も参加したい)や、
Trensa・アンダーソン優子さんをはじめとする
メキシコに濃く濃く関わりのある方々のトークセッション、
その他ダンスや食べ物の屋台と盛りだくさん。
メキシコ・オーガニックコーヒーテキーラも!!!

私はメキシコに半年滞在したおりの写真を使い、
メキシコを紹介することで、イベントに参加します。

サボテン、テキーラ、ソンブレロ(帽子)だけではないです…。
ディープでオーガニック(本質的)なメキシコを知りたい方は
是非是非ご来場ください。




2009.08.17

Trensaのオフィスにて

Trns0198


先週の東京滞在中に
フェアトレードのコンセプトをベースに
メキシコのハンドメイドの素材を生かした、製品を企画&輸入販売を行う
Trensa(トレンサ)のオフィスを訪れました。

ここはTrensaのアイデアがいっぱい詰まった玉手箱のような場所。
メキシコのアルテサニア(工芸品)は
チャーミングなものがたくさんありますが
日本でそのまま普段使いできるようなものは
結構探さないと、実はなかなか無いのです。
Trensaは、オリジナル商品からセレクトまで
そのメキシコの温かいチャーミングさを残しながら
より洗練させた商品を揃えています。

トップの写真はこれからネットショップで販売されるもの(のアップ)。
メキシコは天然素材で編んだ素敵な篭やバックがたくさん在るのですが
その中でも余分なものは一切付けずに、ごくシンプルな形でつくったもの。
オリジナル商品だそうです。
そのシンプルさが、きれいな編みと素材感を際立たせていました。
商品の具体的な姿は、これからネットショップにアップされるそう。お楽しみに。




Trns0183


右のキャンドルはグアナフアト(街の名)で作られたもの。
キュートな花の部分も鑞でできています。




Trns0220_2


タイルの床に置かれたバスケット、
そしてそのバスケットには、キュートな刺繍の布が掛けられて…
この風景は、メキシコでよく見かけた記憶があります。
Trensaは刺繍の商品多くあり。
小鳥はお花やハートに並び、Trensaがよく扱うモチーフのひとつ。


オフィスのソファに座り
キュートなサンプル商品をいろいろと見せて頂き
話は尽きず、楽しいひとときを過ごしました。


+
TrensaがAll About Japanにて紹介されています。(8/15)

“メキシコのキュートな雑貨 Trensa”
http://allabout.co.jp/living/zakka/closeup/CU20090702A/index.htm



2009.08.16

メキシコはモノクローム

Mex020033w_2


先日お伝えした来る9月13日(日)に
東京港区・エコプラザにて開催の“BOTUCATU~メキシコデイ”
のためのメキシコ紹介の準備を少しづつ進めています。

実は今回用意している画像はほとんどがモノクローム。
私の見聞きしたメキシコを
人に伝えたいときはモノクロームの写真なんです。

メキシコというと
おもちゃ箱をひっくりかえしたようなカラフルなイメージがありますが
それよりも、私の中では
乾燥した大地の土や砂埃、まぶしいばかりの陽の光、それに伴う強い影、
といった、もっとシンプルな光と素材感の印象が強くて。




Mex030008w_2


この話を、今迄幾度となくメキシコに訪れている
Trensa・アンダーソン優子さんに話をしたら
彼女も「写真だと派手に見えるピンクや黄色の壁も、向こうにいるとすごく自然。
むしろ土や埃の印象が強いから、モノクロの方がイメージに近い」
といった印象のよう。
ああ、そうなんだと思い、
共感を得られてちょっとほっとしたりもして。笑


強い光とその影、土と大きな樹木、
そのリアルなイメージを過去のメキシコ体験から
呼び戻し中です。





2009.08.15

コーヒー談義、オオヤコーヒ×グラウベル

Oyaglubl0297


東京代々木八幡のcafe shimaにてのコーヒーイベント、
オオヤミノル・オオヤコーヒ焙煎所×狩野知代・グラウベル
に参加してきました。

メキシコのフェアトレードのコーヒー・マヤビニック
今回のテーマのひとつであることもあって、
参加者の3/4がコーヒー焙煎家という濃い会でしたが
コーヒー好きなだけで、その背景については全く素人の私も
多いに楽しみました。


Oyaglubl0278s


今回遠く東京まで足を運んだのは、
こんなユニークで美味しいイベントを
Casa de Banano にて開催したいという思いあって。
いつか実現出来たらと思います。


その楽しかった内容については後日また書きます。
まずは会場にてのスナップを。


Oyaglubl0274



+
イベント当日様子

“コーヒー日記 coffeesoul”グラウベル狩野さんのBlog
http://coffeesoul.jugem.jp/?eid=33#sequel

“トレンサ ブログ 〜my lovely mexico〜”
参加者のTrensa・アンダーソンさんのBlog
http://lovemexico.trensa.net/?eid=919988




2009.08.14

エコプラザにメキシコがやってくる

Mex040003w


今週は幾つかの打合せを兼ねて東京へ行っていました。

そのひとつは来る9月13日(日)に港区立エコブラザにて開催のイベント
“BOTUCATU MEXICO 〜メキシコの、いい空気〜” の打ち合わせ。

メキシコを通じて知り合い、友人としてもおつきあいさせて頂いている
Trensa主宰のアンダーソン優子さんよりの縁で
私自身が過去に撮影した画像を使い
メキシコを紹介するということでイベントに参加します。
会場の広さを確認したく、今回は開催現地での打合せとなりました。


“BOTUCATU”とはブラジルのインディオの言葉で「いい空気」
今月13日にはBOTUCATU INDIA が開催されたとのこと。↓
http://www.eco-plaza.net/paper/pdf/20090813_paper.pdf


近日中にまた詳細をお知らせしますが
BOTUCATU MEXICOでは、楽しいメキシコアイテムが幾つも用意されているよう。
ダンスあり、アルテサニア(工芸品)あり、メキシカンな食べ物あり。
そして子供参加のワークショップもあり!
私もかなり楽しみにしています!!!



2009.08.04

神話と刺繍

Cap0141


インドのとある村の方の手による
神話をモチーフにした刺繍。
神話は何故か刺繍で表現されるのが
似合う気がする。


神戸のCAP STUDIO Y3
東野健一さんのアトリエにて。
刺繍の下絵(原画)は、画家でありインド紙芝居師の東野氏によるもの。




« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »