« 明日はBOTUCATU MEXICO、メキシコのいい空気がやってくる! | トップページ | ちょっと気をとりなおし »

2009.09.14

メヒコ・マヒコ、魔術のメキシコ の かけら

Mex030010w


昨日は賑やかなうちにイベントBOTUCATU MEXICOが終了しました。
メキシコ・デイのコーディネータである
trensa主宰のアンダーソンさんの呼びかけによって
集まったイベントのメンバーは本当に素敵なひとたちばかりで
その方たちとひと時を過ごせたことが今回何よりも嬉しいことでした。
これは、ひとえに彼女のセンスと人望がもたらしたもので、彼女に本当に感謝。
私が長く旅したメキシコという国は
少し踏み込むと一筋縄ではいかない魅力があって
説明するのは簡単ではないのですが
それを今回のイベントのメンバーをはじめ
多くの方と共有することが出来たのではと感じています。
このことについては、今回のイベントを企画・実行・参加者のサポートをしてくださった
エコプラザのスタッフの尽力に深く感謝しています。


そして自分の持ち時間はお世辞にもよかったとはいえませんが(汗、汗、汗)
今回の時間がなければ、旅を始めから終わりまで改めて振り返る時間もなく
旅の答(建築家ルイス・バラガンの背景を巡る旅)が
見つかってないという結論が変わらないにしろ
では何が手元に残っているのかということについて
向き合うこともなかったと思います。
今回それを人に説明する必要があったため
その散漫な状況がいったい何なのか
自分の中では朧げながら形が見えたことが成果でした。


また10年以上前にフィルムカメラでおさめた自分の写真(約70本のフィルム)を
つぶさにみたのもとても新鮮で、
ほとんどのカットについて感動したときにシャッターを押していたという事実に驚きました。


過去の旅で自分が得たものの大きさを再確認し
今は旅から返って来たときのように、気持ちが一杯で、不思議な気持ちです。
ただ、前のように混乱はしておらず、新たな課題がいくつも見つかり
それは楽しい部分が多いにあって嬉しい、というのが素直なところ。


明日からは京都での穏やかな日常。
東京でのひとときを京都時間でゆっくりと咀嚼すること、
それも私にとっての大きな喜び。



« 明日はBOTUCATU MEXICO、メキシコのいい空気がやってくる! | トップページ | ちょっと気をとりなおし »