« 作為と無作為のあいだ | トップページ | 黒のマチエール »

2010.11.09

水上の紙

Htno0211_2

水上の和紙の床と木の器。
和紙の床は、わずかに光沢があって、外気に晒されしっとりとしていて
そしてあくまで繊細な感じ。
普段、野で体感しないその存在感が面白い。


Htno0215

「木と紙と古いもの展」@綾部にて (終了)
http://kitokamitofuruimonoten.blogspot.com/

10.11.05

« 作為と無作為のあいだ | トップページ | 黒のマチエール »