« 「木と紙と古いもの展」 | トップページ | 水上の紙 »

2010.11.07

作為と無作為のあいだ

Htno0184

矢印ドローイングは、
絵の下地となる和紙に顔料をのせた和紙を重ね
転写するようになぞって描かれたもの。
筆で直接色をのせるのとは違う、表現があるとのこと。
にじみ、ずれ、かすれ、等々。


作為無作為のオトシドコロが、
友人から聞いた版画制作と似ている。
陶芸とも似ているかもしれない。
作家のコントロールから、少し離れたもの。


Htno0131


「木と紙と古いもの展」@綾部にて
http://kitokamitofuruimonoten.blogspot.com/

10.11.05

« 「木と紙と古いもの展」 | トップページ | 水上の紙 »