« 緑に黄と赤 | トップページ | 紅葉の終わり »

2010.12.12

白い鍋の風景

Hnm0093

この日は森田ふみさん作の土鍋と器で、友人宅にて鍋会議。




Hnm0100

白い土鍋に白いスープの鍋料理でした。白に白。




Hnm0163

スープの豆乳にいれたのは、さらに白い具。
豆腐やら蓮根やら。外側が茶だけど、中が白の椎茸とか。
あとは鶏肉とレバーなど。




Hbm0187

最後は緑鮮やかなセリを投入。
おだやかな白の風景が一変。




Hbm0192

一旦蓋して開けてみると
セリはしんなり、豆乳は程よく沸いていて
白と緑の勢力争いは、五分五分となった感じか。




Hnm0213

食べる時には、スープの豆乳も取って
塩、あるいはからしを添えて。
もっとしっかり味をつけたいときはだし醤油などをたらして。

食したところ、蓮根の触感が特に印象的!
鶏レバーも豆乳にマッチ。
私は基本、塩でいただきました。
お豆腐に芥子も美味しかったな。


それにしても白い鍋の許容力を感じた時間。
鍋風景、興味深し。

10.12.12


« 緑に黄と赤 | トップページ | 紅葉の終わり »