« クールな瓦 | トップページ | 琉球の曲線 »

2011.02.07

蘇鉄(ソテツ)と松


Oknw0095_2

キッカイな形をした露石の上に
蘇鉄(ソテツ)と松が同居する風景、なんとも不思議。
ここは何処というと、、、




Oknw0086

沖縄本島・首里城内の書院の庭


Oknw0094_2

沖縄県内のグスク(=城)の中で、庭園があったことが分かっているのは首里城だけで
ここの庭は、明治期に撮影された古い写真を元に2004年に復元、
多くは遺構を利用し、鳳尾蕉(ソテツ)、琉球松(マツ)、
琉球石灰岩(珊瑚のかたまりのようにも見える)で構成されています。

その昔、書院に招かれた冊封使たちは、この庭園を詩を詠み、
その様子を「わだかまった松と蘇鉄とを、奇怪な格好をした石の間に、互い違いに植えている」
と伝えているとのこと。



石垣島の宮良殿内の庭園も
琉球石灰岩で構成されいるとのことを後に知りました。
http://www.okinawainfo.net/yaima/miyara.html


沖縄本島,11.1.27撮影
(写真は色加工しています)

« クールな瓦 | トップページ | 琉球の曲線 »