« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.24

恵比寿さま

Grk11_0012s

撮影に出かけた守山市内の
古い民家がたちならぶ集落にて出会った恵比寿さま。
鯛を小脇に抱え、空を飛び
この銀鼠の甍に舞い降りていらっしゃった感じ。

その家のおばあちゃんによると、
そのおばあちゃんのおばあちゃんの時代から屋根に鎮座されていて
時を経てそれなりに汚れていたそうですが
最近洗ってもらい、かつての姿を取り戻したとのこと。

門をはさんで反対側の屋根には
やはり同じようなつくりの布袋さん。
思わず頬がゆるむ、ユーモラスな風情の神様たち。
確かに家に福を運んできてくれそうです。


滋賀県守山市,11.03.15撮影

2011.03.23

檸檬を頂く

Mrym_0134

撮影に出かけた守山という街の繁華街は小さくて
場所によっては、守山駅から500mも離れれば、
古い民家と畑が混在する集落となっている。

そんなある集落では、蝋梅がそこここで咲いていて
少し透け感のある蝋のような花に見とれて、仕事とは関係なく写真を撮っていたら
近所のおばちゃんに「その蝋梅は薫りがしないけど、うちの蝋梅は、薫りが強いよ」と話しかけられる。
立ち話の末、うちの(樹になっている)檸檬を持ってなさい、という話になり
大きな果実が鈴なりの樹から、4つ程もいで手渡してくれました。

すっかり春めいた道を呑気に歩いていて
何にも役に立つことをしてないのに
通りすがりの人から、もぎたての果物を貰うなんて
何か凄くシアワセじゃないかと思う。

一方で、東北の人たちは大変なのに
私はこんなに楽にシアワセでよいのかと思ってしまったり。

東北の方々にも、こんな小さなシアワセのある日常が、早く戻りますように。


滋賀県守山市,11.03.15撮影

2011.03.22

頭柔らかく

Grk11_0115s

先週、焼菓子・我楽のキャンペーンポスターのための撮影をして感じたのは
新鮮な撮り方をもっともっと考えなければ、ということ。

イメージ膨らませ、見慣れた風景から新鮮なカットを発見する、
まだまだです。


滋賀県守山市,11.03.15撮影

2011.03.16

当然だと思っていた風景


Grk_0008s

昨日は、今年も制作する焼菓子・我楽のキャンペーンポスターのための撮影に
滋賀県守山市に出かけてました。


守山に入ってすぐに出会ったのは、沢山のつくしが元気よく頭を並べている風景。
その周りを彩るのは、紫のホトケノザや、青いイヌフグリ。
春そのものがそこにありました。

この美しい春の訪れの風景は
毎年当たり前に見れるものだと思っていましたが
今回の震災から、実は感謝すべきものなのだと、心底実感しました。
何事もなく安心して暮らせるという幸せ。
こまごまとした四季の変化に、心をくだける生活。
それは、有り難いものであるということを
よく心に刻み付けておきたいと思います。


今回被災した方々の心にも暮らしにも
早く春が訪れることを願ってやみません。


滋賀県守山市,11.03.15撮影


2011.03.10

やんばるの表情

Oknw0257s

本島北部一周ドライブ途中よく見かけたのは、
このような山の表情。

ときおりちらりと見える山肌は、辺戸岬で見たような
堅い感じのグレーの岩盤なのだけど
そこに載っかっている、樹や低木は
樹形が丸かったり、またその上をツタ系のものがぬめぬめと覆っていたり
椰子に似た葉をもつ低木がわさわさしていたり
針葉樹が少ないとこんな表情になるのかな。

なんか山自体が動きそうな雰囲気でした。笑


沖縄本島,11.01.29撮影

2011.03.09

辺戸岬


Oknw0309

ふたたびオキナワ・レポート、、。

旅の一番の目的だった、本島北部一周ドライブにて。
やんばる広がる北部の最北端、辺戸岬の風景。

ごつごつした絶壁なんですが、その頂部は
ソテツやアダンでわさわさしています。

地盤は明るいグレーで石灰岩質のようでした。
岩の削れ方が、鋭かった。
遠くに見える稜線の堅い山(丘?)も
目で見た限りでは、同じ地質と思われました。




Oknw0312s


沖縄本島,11.1.29撮影


2011.03.08

折りと絞り


Mnoah0172_2

先週末は箕面のオープンハウスへ。

訪れたのは、先日フライヤーのデザインを手掛けさせて頂いた
山下保博/アトリエ・天工人壹岐敏直/天工人WEST設計による
箕面森町動物病院+住宅です。

そこには、“いわゆる病院”のイメージから解き放たれたリラックスできる空間があり
またユニークな屋根形状がそのまま反映されている
室内天井の光影のグラデーションは、
刻一刻と表情を変え、見飽きることがありませんでした。

上の画像は、住宅部分和室の天井で
屋根のかたちは、室内ではまっさらの白で折った(折り紙のような)天井として表れ
着物の絞り染めの手法を活かしたペンダントライトと
美しいコンビネーションをなしていました。


絞り染めのペンダントライト・片山文三郎商店
大阪・箕面森町,11.3.6撮影

2011.03.07

ピンクの侘助


Hnm_110305

オキナワの写真をアップしようと思いつつ、なかなか出来ずにいます、、。
先週、今週と写真仕事が続いています。


こちらはひなみにて。この日は、おひな様と侘助のある小さな庭を撮りました。
ピンク色の侘助って控えめながら可愛らしいたたずまい。
明るいピンク色がやってくる春を想像させてくれる。京都も もうすぐ春。


京都,11.3.4撮影

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »