« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011.08.14

Slipware@五条坂陶器まつり


Toki0486

前の火曜日の夜、手描染屋 真水さんの個展を見た後、
その真水さんと京都・五条坂の陶器まつりに行ってきました。
夜遅かったので仕舞っている出店も多い中
ラッキーにも出会った、十場天伸さんの作るスリップウェア。

気持ちよくおおらかでどっしり、というボリュームと
文様の流れ、スリップ(化粧土)のかすれ具合、釉との反応がすごく素敵だと思う。
特に皿縁の銅が風化したようなテクスチャーにシビレる。




Juba0482

スリップウェアといえば、バーナード・リーチを連想する。
また、島根県で見た布志名焼(ふじなやき)も手に取ったことを思い出すが、
十場さんのものは、それらとまた違った存在感。

この皿は直径40センチ弱くらいのおおぶりもの。
蓋はないのに、土鍋のような存在感の大きさ。
直火にかけられるとのことで、火に掛けて使うとまた味が出てくるとのこと。

2011.8.9撮影,京都・五条陶器まつりにて







2011.08.12

擦れと重なり


Mamiz0469

色の掠れや、下の色が伺えるような色の重なりが好きだ。
ごく古い時代のフレスコ画のような。



絵全体像はコチラ

朝の光に想うとき -手描染屋眞水 蓮絵展-
京都・アイタルガボンにて開催中。8/19まで。

2011.8.9撮影,手描染屋 眞水・蓮絵展にて







2011.08.10

素材感と抽象の重なり2


Mamiz0471_2_2

水面に反射した光片がそのまま置かれ
池の風景となっているよう。

色の粒がふわっと在る画面で、頭を遊ばせる。



絵全体像はコチラ

2011.8.9撮影,手描染屋 眞水・蓮絵展にて







素材感と抽象の重なり


Mamiz0471_1

水を置いたようなタッチと、絵の具の雲母(?)きらめきがつくる風景。

2011.8.9撮影,手描染屋 眞水・蓮絵展にて







2011.08.09

おーい!


Kikyu0072

「気球乗るのか、乗らないのか、どっちなんだー!」
と、家族サービス中のお父さん。(想像)

ウキウキと気怠さ同居の夏の休日。


2011.7.24撮影,滋賀県,烏丸半島にて








やっと夏休み


Kikyu0069気球ののんびり加減とほのぼの夏休み、よい取り合わせ。烏丸半島にて。



昨日、福祉住環境コーディネーターの講義の期末試験をやって
採点もほぼ終わり、前期の講義仕事は一段落しました。
追試もなさそうで、ほんとほっとしています。
(試験の何が大変って、試験問題をつくることなので、、)


昨夜は、学生と同じように、少しばかり夏休みを迎えた気分に。
、、といっても他のデザインや写真の仕事は普通にあるので、
今朝にはすっかり通常モードなんですが。笑

さて、盆休みまで、あともうひと頑張り。

2011.8.9







2011.08.05

筆のある暮らし


Fude02_2



先日、筆の老舗・香雪軒さんにて、各種の筆を撮影させていただきました。
その画像を使ったパンフレットが仕上がり、私の手元にも届く。


デザインは吉田マリモさん
彼女のつけた「筆のある暮らし」。
シンプルなコピーですが、筆がまったく普段使いでない私でも
こんな美しい筆たちを目にすると、
そのコピーが響いて、生活に取り入れてみたくなります。
よい筆って、文字も綺麗に書けるんですよね(本当に)
私の場合、まずは手紙の宛名書きから、、?




Fude01_2


撮影時も目を奪われた御題筆
こちらはパンフレットの表紙。
御題筆は、今年も年末に御題にちなんだ新柄が店頭にならびます。


デザイナーの吉田マリモさんは、ただいま香雪軒のホームページを制作中。
こちらも仕上がりが楽しみです。

2011.8.5







2011.08.04

夏花にまつわるノスタルジー


20110728_90450


続・友人の個展のお知らせ。
先日撮らせてもらったゴールデンシャワーのリネンワンピは
こんなカードになりました。




「処暑のノスタルジー」
ー手描染屋 眞水  晩夏の服と鞄展ー


2011.8.26 Fri. - 8.31Wed.東京神楽坂・フラスコ
12:00-19:00 最終日 17:00まで  期間中全日在廊
http://www.frascokagura.com/

夏の思い出を、そっととじこめるように、晩夏から初秋の草花を描きます。
新作のリネンノースリーブワンピース、巻きスカートも並びます。

手描染屋 眞水 http://mamizu.net mail:info@mamizu.net


work shopも開催されます。
染め付けで小皿にお花を描こうvol.2




20110728_92412


ふだんより個展で関西・関東を飛び回っている作家の眞水さんですが
今回の個展でも、東京でどんな出会いをしてくるのか楽しみ。
DMを作って送り出せるのが、とっても嬉しい。

ごく繊細な感性をもち、一方で強くしなやかな人である友人の体験談は
端から見ていてとってもユニークだし、
会話の中から、私はたくさんのものを受け取っていると感じている。

+
あさってからは京都の展覧会はじまります。

「朝の光に想うとき」
手描染屋 眞水 -手描染屋眞水 蓮絵展-
@アイタルガボン
http://italgabon.blog133.fc2.com/blog-entry-396.html


2011.8.4







« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »