« 日常の延長線上 | トップページ | 半年に一度の近況報告 »

2011.09.13

老若男女が囲むテーブル

Krmki0943by iPhone


奈良のくるみの木にて、ランチ時。
年若いカップルや、老夫婦等々、幅広い年齢層の方が楽しそうにテーブルを囲んでました。
家族連れも多く、それは私の予想から大きく外れ
ベビーチェアが必要なごく小さな子どもを連れたご家族がいらしたのは
正直、驚きました。
それぞれが、日曜日くつろいで食事をとる風景、とってもよかった。


私たちが頂いたのは、くるみの木、初秋のランチ。
煎った豆のご飯や、蓮根やのどグロの天ぷら、カボチャのサラダ
つくねのキノコあんかけなど、素朴で美味しかった。
食後の飲み物も、りんごジュースかコーヒーから選べる。
ボリュームも(値段も)皆が満足するようなもので、なるほど納得。


帰って、くるみの木のホームページをもう一度見てたら
“スタッフからのお願い”というページに
「くるみの木では年齢制限や時間制限を設けておりません。 お子様からご年配の方、
くるみの木に来て下さった全てのお客様が心地良い時間を 過ごせますように
他のお客様への配慮を心よりお願い申し上げます」
とありました。



人を素敵におもてなしできるのって
(たとえば、店を構えてお茶やご飯をだすということ)
大きな才能だなあと思うのですが
それに関連した印象に残るエッセー、ここに紹介します。

実際に「始めて」しまうひと


2011.9.11, 奈良・くるみの木一条店にて







« 日常の延長線上 | トップページ | 半年に一度の近況報告 »