« 友達が葺く屋根 | トップページ | kotinのカバン »

2011.10.18

ある集落の運動会


Pa082738525x393

Pa082761525x393

Pa082781525x393photo by くさかんむり


くさかんむりの茅葺き職人相良さんから
9月末・10月のはじめに、淡路島の仁井という集落で、縄文まつりがあって
そのステージを茅葺きで造ったという話を聞く。
祭りが終わった後、自分が空っぽになってしまうほど
準備も実際のお祭りもよい時間だったそう。


その後、相良さんのブログで
縄文まつりの後も、茅葺きのステージは残され
次の集落の運動会でも拠り所になったことを知りました。
その茅葺きステージと集落の子どもたち、おじいちゃん・おばあちゃんたちが
楽しくハッスルする姿を写したもの凄く良いので、ここで紹介(上画像)。
玉入れなんて、すごく懐かしい。(跳ぶ玉も籠も結構美しい、、)
綱引きするおばあちゃんの表情がとってもいい!

昨年、はじめてのツーリングに、その集落近くを訪れたので
少しの親近感も持って、写真を眺めました。


また、この運動会の様子から
町や村の運動会の本来の意味がちょっとわかったように思いました。
普段の生活で言葉を交わすのとは別の
スポーツしてる時の、素でのコミュニケーション、かな。

2011.10.18



« 友達が葺く屋根 | トップページ | kotinのカバン »