« 網の上 | トップページ | 有馬温泉・路地裏アートプロジェクト »

2011.10.13

空広い淡河

Juba1063 by iPhone


先週末はkawasaki250TRに乗るバイク・ガール
有馬・淡河(おうご)にツーリングに出かけてきました。
名神ではなく、亀岡から抜けるルートで田園の秋の風景を楽しみながら。

淡河では、五条の陶器市で出会った十場天伸さんの工房を尋ねました。
工房のギャラリーで十場さんの作品を十分楽しんで
(ほんとに作品素敵だった。
ちなみにただいま阪神百貨店梅田本店で催事されています。)
またギャラリー2階・茅葺き小屋裏空間での活動のお話を聞いたり。
(上の写真の空間)
ライブをやったり定期的なヨガの教室をしたり、だそうです。
奥様のあすかさん達のポレポレようちえん立ち上げのお話もユニークだった。


十場さんの工房のあとは、
淡河の茅葺き職人相良さんが主宰するくさかんむりの拠点(アジト)を訪ね
縁側で熾した火で淹れた珈琲をいただきながら
最近の活動についてなど、お話いろいろ。


淡河は、日本でも有数の茅葺き家屋が残る地域ということもあって
以前から一度訪ねたいと思っていた。

訪れてみたら、山間部であることは間違いないのですが
山と田のバランスがよくて、
空広く、陽が明るく、とても気持ちよい土地でした。
この日は山を背景に稲穂が黄金に輝いていたのが印象的。

その風通しのよさと同じように
地元でオープンに飄々と活動する相良さんと十場さん。
彼らの拠点淡河で会って時間を過ごせたのは、この日の収穫です。
楽しかった。

11.10.13



« 網の上 | トップページ | 有馬温泉・路地裏アートプロジェクト »