« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012.09.30

やり過ごせない植物たち

Uw_17_0015

先日撮影させていただいたUCHU Wagashiさんのリニューアル、
設計事務所 3--labさんのブログにて、
プロジェクト紹介(お話を聞いているようなテキスト)
完成風景のスライドショー
完成までのプロセスが掲載されています。


完成までのプロセスは、作庭のあたり、
築山にアイスバーやチュッパチャップスような
樹木たちを植えるところが特に面白い〜。


紙芝居的空間紹介、楽しめます。

2012.9.30.




2012.09.29

ストライプ

Mrym_0828
ストライプ好きの血が再燃、ストライプ3種をキャッチ。
こんな近江鉄道バスの走るストライプなども
つい追いかけてしまう、、。




Mrym_0949
この日は田圃沿いの農道でも発見。
電柱の足元に、ダニエル・ビュレンの足跡が続いてました。(笑)

2012.9.29.



2012.09.28

マリメッコ

Mrym_0552

藻の緑に染まった湖面に
蓮の葉が影落とす風景は
マリメッコ柄を連想させる、、。
花の盛りが過ぎた、琵琶湖の湖畔にて。

2012.9.28


2012.09.25

サンカク

Mrym_0933

自然物で構成された幾何学に
気持ち掴まれる。

2012.9.25. 


2012.09.22

水玉マント

Ff_0307

fujii+fushikinoさんより秋の展示会の案内が届きました。


10月の初めに大阪、中頃に京都で
「モスリンの服」 -手染めモスリンを使った衣服の展示販売- 開催、とのこと。
大阪の方は中津のミミヤマミシンさんが会場。
HPを見たら、大阪まで足を運びたくなりました。
http://www.mimiyama-mishin.net/index.html


DMの写真は、夏にモスリンの服・着衣コマ撮りした時
コマ撮り終了後、自由に撮らせてもらったうちの1カット。
写っているのは、水玉のMT(マント)
彼女たちのつくる服って動いた時も素敵なんです。

2012.09.22


2012.09.21

3つのレイヤー

Mrym_4253

前の「通りを映す」に引き続き、
ガラスの映り込みを楽しんで
他の仕事の機会に撮ったもの。


このガラスのファサードに映っているのは
通り、そして(うっすらと)室内を
さらには室内奥の窓から裏庭の風景も露出している。


ガラスのつくるイリュージョンは
鏡と大きく異なるものだと改めて気づく。

2012.09.21.


2012.09.20

通りを映す

Uw_0056_2

ショップのファサードは、街の気配を映し
店内の風景や中庭と交わる。
通り行く人と店を訪れた人も。


2012.9.20, 落雁のお店 UCHU wagashi の店先/ 空間設計: 3--lab


2012.09.19

人のいる空間

Uw_28_0063

人のいる建築空間が撮りたいと思い始めたのは
20代の頃、メキシコに半年滞在した時のこと。
まだ写真を仕事としておらず
35㎜のフィルムカメラでモノクロで遊んでいた頃。


それ以前は、建築写真と言えば、雑誌に掲載されている
つくりたてのピカピカの建築のみが存在するものしか、
イメージできなかったといっても、大げさじゃないと思う。


メキシコで目にした
大勢の人が佇む街角
にぎやかなマーケット
ベンチで人がくつろぐ広場
洗濯ものが干されたカラフルな中庭
人少ない寂しい修道院
どれも人がいてこその(建築)空間だと感じた。


嬉しいことに、京都も
人の気配が写し取れる街


2012.9.19, 落雁のお店 UCHU wagashi の店先/ 空間設計: 3--lab



2012.09.17

お菓子と空間

Uchus1_06_0179

先日撮影させていただいたUCHU Wagashiさんのリニューアル。
設計事務所 3--labさんのブログにて、
プロジェクト後記、掲載されています↓
http://d.hatena.ne.jp/lab--3/20120912
設計者の意図が垣間見れて、興味深い。
また建築家の吉田さんの人柄もうかがえる。


撮影については、依頼の時に頂いたメールの内容が、
私にはインパクトありました。
内容は(要約すると)、
「いわゆる建築写真っぽい写真でない写真が希望、
 小さい物件なので、無理に全体をいっぺんにおさめようとする必要もない、
 素直に、場の質感と空気感が伝わるヒューマンな写真が良いと思っている」
というようなもの。


「ヒューマンな写真」には、まだ十分に手が届いてないように思うが、
素材感と空間計画の関係については、
よく目を向けて撮影していたように思う。
設計がそうなので、自然とそうなったというのが正直なところでもある。
いろいろな課題を頂いた仕事、本当に感謝です。

2012.9.18


2012.09.16

リスのプラスチック

Mrym0866

「リスのプラスチック」って、、
どんな製品に使われているのかな。
リスマークがついた製品、ちょっと欲しくなった(笑)

2012.9.13, 滋賀県・守山市にて


2012.09.15

黄色の原

Mrym0649

一昨日は焼菓子・我楽のポスターの撮影のため
「空気感を感じさせるような、ぼんやり・淡い感じの絵、
ピンホールカメラで撮ったような」
という御題を頭に
守山や草津の風景にカメラを向けた。


時としては
黄金色の穂垂れる田圃だって
菜の花畑に見えてきたりする、、。

2012.9.15


2012.09.14

ピンホールカメラのような

Mrym0831

昨日はバイクに乗って滋賀県に写真を撮りに。
以前より制作が続いている
焼菓子・我楽のポスターのためのものだ。


毎作ごとに、デザイナーより
制作コンセプトのキーワードを幾つか頂く。
キーワードは、撮影の御題のようなもの。


今回もらったキーワードには
「今回は、空気感を感じさせるような、ぼんやり・淡い感じの絵がほしい。
分かりやすく極端に言うと、ピンホールカメラで撮ったような」
という説明書きも添えられていて
輪郭がうつろな絵づくりに取り組んでみた。


その視線で
何回も通っている守山の街や琵琶湖湖畔を眺めてみたら
本当に正直なところ、新しい風景が見えてきた。
前に撮った商店街、本日はこんな絵になった↑


自分の目のフィルターを
もっともっとたくさん備えたいものだ。

2012.9.14



2012.09.04

黄と水色 3

Uchu_0030

中庭の水色壁の反射光が
店内を染める


落雁(らくがん)のお店: UCHU wagashi / 空間設計: 3--lab
家具製作: 坂田卓也製作所 /作庭: 田中美穂植物店コーヒショップ

2012.9.4.



« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »