« 秋の薫り | トップページ | 鵜の瀬 »

2012.10.05

モスリンの服 @ミミヤマミシン

Ff_1766by iPhone

前の水曜日は、新大阪での仕事の帰りに、
大阪・中津のミミヤマミシンさんでの
fujii+fushikino モスリンの服の展示を見てきました。


今回は上の写真のように
会場では、MT(マント)が主役をはっていました。
ふだんは、試着したいと思いながら
気恥ずかしくて、なかなかしないのですが
この日はお客さんが私しかいなかったので
気を落ち着けて試着してみました(笑)


マントは布がほとんど最小限といっていいほど
一部が縫ってあるだけの輪っか状の布なんですが
体を通してくるっと羽織ると、さっと服に変身するのです。
ストールと一見似たように思えるのですが
実はだいぶ違っていて、立体感がよく出ます。やはり服。
色や柄ゆきも、羽織ると布状の時に見えていたものと印象が変わります。
不思議、不思議。
かなりビビッドな色ものでも、
羽織ると巻いた分だけ色が混じって
着る人にフィットします。


会場には、スペースを運営するPANTALOONの中野さんがいらして
彼女の楽しいお話で(彼女の話し振りが好き)
数年ぶりの再開を楽しみました。


会場横のミミヤマミシンさんの工房で
ミミヤマミシンさんとコラボレイトで商品化された
SEAM!のシリーズを見せ頂きました。
どれもハート鷲掴みの素敵なものばかり。
素材の特性(特に構造)と、デザイナーと作家の感性が十分に活かされていて
正直、欲しいものばかり、、でした。



Ff_1768by iPhone

会場のミミヤマミシンさんは
鄙びた感じとキュートさが混じり合う中津エリアの
細い路地に面したスペース。
中津駅からそんな界隈を歩きながらの道のりも
仕事後のリフレッシュとなりました。

年末あたりに、オランダのプロダクト・デザイナーの展示があるとのこと。
その折りには、また来たい。

2012.10.04.


« 秋の薫り | トップページ | 鵜の瀬 »