« 鵜の瀬のしめ縄 | トップページ | 垂木と蟇股 »

2012.10.11

若狭神宮寺

Oyu_0474

鵜の瀬に訪れた後は、遠敷川沿いを下って神宮寺へ。
まだ紅葉していない緑濃いもみじと苔の美しいお寺でした。
お水送りの神事の当日は、ここ神宮寺で大護摩(ごま)に火が焚かれ
その火が鵜の瀬に移されるとのこと。



Oyu_0522

杮葺き屋根の優雅なカーブ。


Oyu_0480

その屋根を支える地垂木と飛擔垂木(ひえんだるき)。
秋の空がのぞいています。


Oyu_0520

神宮寺とは神仏習合思想に基づいて建てられた仏教寺院の総称とのことで
本堂には御幣のついた注連縄(しめなわ)が掲げられていました。
ここ若狭神宮寺は現存する神宮寺のうちで最古のものだそう。

2012.10.11



« 鵜の瀬のしめ縄 | トップページ | 垂木と蟇股 »