« 梅の里 | トップページ | 鎧岳 »

2012.10.25

奇岩絶壁、香落渓

Kochdni_0599

先日のこと、
香落渓(かおちだに)とよばれる場所を走ってみた。
ここは赤目四十八滝に近い、奈良県と三重県にまたがる渓谷。
柱状節理の岩肌が続くルート。



訪れてみたいと思ったきっかけは、
白州正子の著書「十一面観音巡礼」の中の一節に惹かれて。

「…目が悪いのは、時には都合のいいもので、
そこら中の岸壁が、みな石仏に見えてしまう。
実際にも彫ってあるのかないのか、
判然としないものがあり、
彩色をほどこしたように見える石もある。
磨崖仏の思想は、こういう自然の中から生まれたものに違いない。…」

2012.10.25


« 梅の里 | トップページ | 鎧岳 »