« 発掘されたような | トップページ | 旧いものと新しいもの »

2012.12.23

ヌイグルミの肌触り

20121223_110455_3



Kyoto Classicの作品紹介は、しばし休憩。
今日は、ここ1ヶ月程に見た展覧会の感想などを。


kotinのカバン展「gift」
http://repos-de.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html


友人の作品展を見に行った。
実用本位のカバンしか持ってない私でも
彼女のつくる作品は、目に楽しく、手に取ってみたくなるようなもの。


もちろんカバンとしても使いたいが
それにも増して
ふとした時に目の届くところに置いておきたくなるような
この独特の雰囲気は何なのだろうと
前より不思議に思っていた。


この日一つ気づいたのは
彼女の作品は、カバンなのだけど、
ヌイグルミのような存在感があるということ。
キュートなデザイン、優しく縫われたような感じ
選ばれた布の肌触り、ほどよいハンドメイド感が
身近に置いておきたくなるようなモノに成っているのではないかと。


昨年の展示会のレポートを見て
その機会を逃したことをとても残念に思った。
kotinを空間で体験できた作品展だったよう。

kotinのカバン展@SEWING GALLERY
会場の様子: http://sewing-g.com/sg/2011/12/kotin-1.html


彼女のマイペースなものづくり、これからも楽しみ。
kotin http://www.kotin.info/top/hello.html

2012.12.23


« 発掘されたような | トップページ | 旧いものと新しいもの »