« 大工さんの手 -追掛け継ぎ その1- | トップページ | 大工さんの手 -追掛け継ぎ その3- »

2013.02.01

大工さんの手 -追掛け継ぎ その2-

Te_0172

「追掛け継ぎ」は、「追掛大栓(おっかけだいせん)」の栓が無いバージョン。
材の両端を削いで重ね合わせるだけでなく
材同士がしっかり噛み込むよう
くぼみや突起をつくる。

浅い凹形をつくるため
この鑿(ノミ)で材の不要な落とす以前の過程は↓




Te_0138
材を落とす場所を墨付け。




Te_0157

墨付け線まで、2センチくらいのピッチで
切り込みを入れていく。




Te_0177

切り込みの間を鑿でたたいて落とし、
平らで浅い窪みをつくっていく。

→続きはコチラ



2013.2.1 撮影協力: 工務店 青陽舎

« 大工さんの手 -追掛け継ぎ その1- | トップページ | 大工さんの手 -追掛け継ぎ その3- »