« 松の花 | トップページ | 春付ける枝 »

2013.02.23

手摺の在り方

Mega_0134

上は建築家 長坂大氏による設計の
集合住宅オープンハウスでのスナップ。
空間における手摺の在り方に、発見があった。



Mega_0132

Mega_0130
家具として
また重要な空間構成要素として。
(空間を緩やかに区切るといったような)





Mega_0164
グラフィカルで、目に楽しかったり



Mega_0166
壁付けの彫刻のようでもあって



Mega_0159
また大きな空間の引き締め役としても。


世の中の手摺というもの、グッドデザインのケースでも
階段に華を添える程度のものが多いように思う。
本来の役割をきちんと担いながら
階段から解き放たれた感のあるこの手摺たち、新鮮でした。

2013.2.23, COZY御所

« 松の花 | トップページ | 春付ける枝 »