« 春付ける枝 | トップページ | 艶のある襞(ひだ) »

2013.03.06

幾何学と色彩のトレーニング

Exb_ikko_2060_2

奈良の県立美術館で開催中の特別展
田中一光デザインの世界~創意の軌跡~
を見てきました。


あまりに有名なデザイナーなので、代表作の幾つかは知っているが
実は系統立てて見た事がなかった、田中一光氏の作品。

特に産経観世能のポスターの一連を見れたのがよかった。
能という演目を、極限まで削ぎ落とされた表現でもって
あれだけのバリエーションで人に訴えることができるのに驚く。

またグラフィックデザイナーとしての仕事以外の
個人的な作品も興味深かった。
円や三角、綱をモチーフとしたシルクスクリーンの作品は
最小限の要素(幾何学と色彩)から生まれる
視覚的効果づくりのトレーニングの跡のよう。
研ぎすまされた作品の背景が見えたようでした。

田中一光デザインの世界~創意の軌跡~
展示は3月20日までです。


2013.3.6

« 春付ける枝 | トップページ | 艶のある襞(ひだ) »