« きもの という抽象画 | トップページ | 雪形 »

2013.05.10

山の塗り分け

Odaigahara_2198by iPhone

奈良の大台ケ原ドライブウェイへツーリングしてきました。
大峰の山並みを望みながら走るルート。
山は広葉樹の明るい緑と、針葉樹の深い緑でしっかり色分けされているように見えました。
人間の営みの跡が、こんな景色を作るのですね、、。


ツーリングマップでは大台ケ原ドライブウェイを
「雨霧の発生多い」「原生林・クマザサを分けて走る」
と、少々冒険ルートのように紹介してあり、
道の両サイド鬱蒼と緑生い茂った、くねくねの山の道を想像していたら
山の緑は、まだ勢いを感じるほどではなく
道も走りやすくて、難なく頂上まで辿りつきました。

でも、よく考えてみたら、多くのハイカーを運ぶバスの運行ルートでもあるため
そんな走りにくい道のわけない、、、
私も15年程前に、このルートをバスで上がっていた筈なんですが
その時のトレッキングでの秘境のイメージが強すぎました(笑)


あっさり目的地まで辿りついたので
少し遠回りをして帰ることに。
大峰山脈の一部を貫く国道309を通ってみることにしました。


Odaigahara_2202by iPhone

見える山々は山岳修験道の聖地。
先程の大台ケ原の足元の緑と異なった風景でした。
針葉樹は少なく、新芽で赤く染まって見えるような斜面も。

山を越え、下りになって、309が天川村に流れ込むあたりは、
みたらい渓谷沿いを下っていくものでした。
浅いグレーの岩盤を澄んだ水が流れたり、溜まったりしていて美しかった。
紅葉の頃も素晴らしいよう。
天川村にはまた来たい。

2013.5.8

« きもの という抽象画 | トップページ | 雪形 »