« ファインバーグ・コレクション展 | トップページ | 三和土 »

2013.07.24

のたれづくり

_dsc0240

先日の室生寺訪問からの帰路では
知人の漆喰塗り仕事を見るため、亀岡に寄った。

現場は走田神社の宮司さん宅の倉。
ふたつの棟がくっついたかたちとなっているが
よく見ると軒裏の漆喰の塗り方が異なっていた。

垂木を巻く漆喰が
波打つようなデザインになっている(左下)のがいいなと思っていたら
それは倉の格も表していて、波打つような塗り方より、
垂木の形がそのままに現れている塗り方(右上)の方が
格が上だとか、、。

帰ってその塗り方の名称を調べたら
波打つようなデザインの方は
「のたれづくり」と呼ばれていることがわかった。

この仕上は、火災時の焔や煙をスムーズに逃がし
延焼防止をねらっているとのこと。
大阪城や姫路城にもこの加工がみられるよう。




_dsc0235
神社とその宮司さん宅は、一面田んぼ広がる風景の中に立っていて
遠くからでも、その化粧し終わった漆喰壁が
白く輝いているのが見えました。

2013.7.24,走田神社


« ファインバーグ・コレクション展 | トップページ | 三和土 »