« 透けと映り込み2 -塗師の家- | トップページ | 塗師蔵 -塗師の家- »

2013.09.02

透けと映り込み3 -塗師の家-

_dsc0027

「なかのま」「ろのま」から坪庭を眺める。
坪庭に面した障子には、「」が張ってあり
風景は、僅かにヴェールがかかったようで
現実が少しゆらぐ感じ。




_dsc0073

光・風・眺めの通し方が
それぞれ異なる建具が並んでいた。
日本の建具って
ホントいろいろな表現の仕方が出来るのだな。



_dsc0029_2
「ちゃのま」の葦戸は、
横引き(関東猫間というらしい)の障子になっていた。
しかしこの場合は、雪見障子ではなく雪見葦戸というのか、、、?
縁側のガラス建具のシルエットが重なって見えている。

2013.9.2,輪島・塗師の家

« 透けと映り込み2 -塗師の家- | トップページ | 塗師蔵 -塗師の家- »