« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013.09.21

白・黒・青

_dsc0101

秋晴れのもと、久しぶりに滋賀県守山市に撮影へ。
白と黒、そして青空の爽快なコントラストに惹かれ
仕事の合間に、スナップしました↑

2013.9.21

2013.09.06

光沢の無いファサード -塗師の家-

_dsc0014

さまざまな(漆の)光沢が在った内部空間とは裏腹に
外部は、塗料が塗られてない木部。
同じく洗練されていると感じるが
びっくりするほど印象が異なる。

また、敷地内建物の多くは、2階・3階建てとなっているが
表通り側から2部屋分くらいは1階建てとし
つつましやかに見えるよう工夫してあるとか。

輪島大祭の日には、この「塗師屋造り」の家屋の前を
幾つものキリコが通りすぎていくとのことです。




_dsc0015

同じく輪島市にある伝統的建造物群保存地区の
門前町黒島地区の街なみ
ファサードの表情は似ているようにも思うが
やはり線の細さはこの建物独特のように感じた。
艶のない繊細な反復が美しい〜。
(個人的にはとても好み。)




_dsc0078

こちらは「きたまえぐち」。
正面通りと反対側の敷地入口。
門の右横は塗師蔵
外壁は、端正な下見張り。
軒裏が木板で覆われいるのが、面白い。
延焼防止のためだろうか。
2013.9.6,輪島・塗師の家

2013.09.05

塗師蔵 -塗師の家-

_dsc0043

塗師蔵(ぬしぐら)とは、塗師が漆の作業する空間。
湿度や気温の変化が少ない蔵を
作業空間にしていたとのこと。


上の写真の物入れは
漆塗りを施した後、その漆を固化させるための棚。
塗師風呂(ぬしぶろ)という。


そして塗師風呂の前には、漆の上塗りをする作業道具が。
(現在は別の場所で作業しているとのことで、これは展示。)



_dsc0041

_dsc0045_2

こちらは、中塗りのものを固化させる塗師風呂。
棚がぐるぐると回転するような装置になっていた。(回転風呂


漆は、漆の主成分であるウルシオールの
酸化酵素ラッカーゼが空気中の水分を
取り込むことで酸化し、表面が固化する。
つまり固化するには、
私たちがよく知っている通常の塗料と逆に
空気中の水分(湿気)が必要。


この装置で、その湿度を
どのように与えるのか、、、と尋ねたところ
「塗師風呂の内側の木部をたっぶりと湿らせます。」と返答が。
なるほど、シンプル〜。
火を焚いて水蒸気をつくって
送り込んだりするのかと思っていた、、、。




_dsc0038_2

_dsc0040_2

塗師蔵は、外からみた感じでは、
普通の蔵と何ら変わらないように見えたが
この蔵の扉を停めておく柵のような装置は
(能登の?)塗師蔵共通のデザインコードのよう。
京都の蔵では、あまり見たことないように思う、、。

その塗装はもちろん漆!

2013.9.5,輪島・塗師の家

2013.09.02

透けと映り込み3 -塗師の家-

_dsc0027

「なかのま」「ろのま」から坪庭を眺める。
坪庭に面した障子には、「」が張ってあり
風景は、僅かにヴェールがかかったようで
現実が少しゆらぐ感じ。




_dsc0073

光・風・眺めの通し方が
それぞれ異なる建具が並んでいた。
日本の建具って
ホントいろいろな表現の仕方が出来るのだな。



_dsc0029_2
「ちゃのま」の葦戸は、
横引き(関東猫間というらしい)の障子になっていた。
しかしこの場合は、雪見障子ではなく雪見葦戸というのか、、、?
縁側のガラス建具のシルエットが重なって見えている。

2013.9.2,輪島・塗師の家

透けと映り込み2 -塗師の家-

_dsc0018

華文様が蒔絵された輪島塗の猪の目(いのめ)
仏間の襖に細工されていた。

通りに面した開口部の葦戸がくっきりと映り込む。




_dsc0020

街路からの光が、
格子や葦戸に通して見せる涼しげな風景。



_dsc0023

_dsc0021

上の猪の目の襖を隔てた奥の室「ざしき」。
こちらには、障子が映り込んでいる。
この建具に見られるような、線の細いデザインが
漆塗りの光沢・奥行き感を、品良く見せているように思う。



_dsc0035

_dsc0033

「ちゃのま」には、
漆塗りの揉み和紙を張った建具があった。

使い込んだ皮革のような感じもあるが
面に奥行き感があるのは、
やはり漆ならではの表情のように思える。


2013.8.30,輪島・塗師の家



« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »