« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.29

紅葉狩り

Icho_2661by iPhone


今年は、撮影の関係で、本腰いれて紅葉狩りしています、、。
ただ、ポスターにでもなりそうな「ドラマチックな紅葉」に限らず
商品に合うなら、小さな紅葉でもOK、といった感じ。


小さな紅葉も視野にいれてハンティングすると
はっとさせられる紅葉は身近に沢山ある、ということを発見しました。
今更ながら、、、。


近所でよく目にする紅葉は、
モミジや桜を始め、ドウダンツツジや南天。
モミジだっていろんな種類があるし。
京大の寮の敷地内では
見事なイチョウの絨毯に遭遇しました! (↑)

2013.11.29


2013.11.28

もみじ


_dsc0161

先週始め、「紅葉の見頃はもう少し」と思っていたことが、
ずっと前のことのよう。

いつの間にか樹々は色づき、
あっという間に、葉を落とし始めている。

できるだけタイミングを逃さぬよう
秋の撮影をしています。

2013.11.28, 阿以波透かしうちわ


2013.11.08

ART de SHIBORI

_dsc0035_2

先週末は市内のギャラリーへ撮影に。
京絞りの片山文三郎商店さんのアート作品を
カメラに納めに行ってきました。

場所は中京区にあるGALERIE H2Oさん。
実は一度訪ねたいと思っていた場所。



_dsc0007

片山文三郎商店さんのスカーフやチーフなど通常の商品自体
かなりアーティスティックな薫りがありますが
ここでの展示は、その絞りの魅力をいろいろな角度から、
そして可能性をしっかりと感じるものとなっていました。


片山氏から、伺って知ったのですが
アートとしてギャラリーでの展示は、実は初めて、とのこと。
(意外でした、、。)
そして、「やってみると、次ぎが見えてくる。」と
もう来年の展示の構想を、、。


「やってみると、次ぎが見えてくる。」
絞りを活かした、色々な素材や形の商品を次々と作っている片山氏が言うと
頭の中での想像と、実際にそれをやってみることとの大きな違いが
ひしひしと私にも感じられました、、。

2013.11.8

2013.11.06

京の表現塾「継ぐ」



Hgj13b5bk01




最近は、京の表現塾の撮影と小冊子編集をしておりました。
その小冊子は、来週はじめの展示会のためのもの↓



--------------------------------
京の表現塾ワークショップのご案内

京の表現塾では、
工芸を身近に感じて頂くためのワークショップを開催しています

今回は「継ぐ」という言葉で表現します
伝統とは受け継ぐこと
時代をこえ継いでゆくのは簡単ではないと思います

当会の工芸士が
どうして受け継いだのか、
これからどのような道を歩み
何を次に伝えるのかを語ります

伝統工芸は
「身近でないけれど興味がある」
「一度見てみたい」
「伝統工芸士に直接話を聞いてみたい」
と思われた方はぜひご参加ください

開催場所 京文化の町家ひなみ http://www.kyoto-hinami.jp/
京都市営地下鉄東西線 西大路御池駅4番出口西へ徒歩7分

日時■11月11日(月)・12(火)
13時~17時(内覧会作品を自由にご覧いただけます)
18時30分~21時 伝統工芸士ワークショップ 講演と茶話会

--------------------------------


ご興味ある方はこちらへ↓
http://www.kyo-hyogenjuku.jp/info/?m=201311

私もいずれの日か、茶話会に参加します。





Hgj13b5bk02


2013.11.6

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »