« 吹屋の街並 | トップページ | 朝の鞆の浦 »

2014.03.11

石州瓦の赤

Tomo023

日本の風景は、つくづく屋根材でつくられていると思う。
ここ吹屋でのそれは、石州瓦の鈍い赤、あるいは焦茶。




Tomo038

Tomo024_2

Tomo025



2014.3.11

« 吹屋の街並 | トップページ | 朝の鞆の浦 »