« 立体感 | トップページ | Cool Japan »

2014.04.10

服の良さを伝えること

Fshkno_0134

今週の始め、服づくりをする友人を訪ねました。
友人の伏木野さんは、訪ねたアトリエ
sonaという名前で服づくりしている。
fujii+fushikinoというユニットでも活動している。)


今後sonaの服を撮影するかもしれない、ということもあって
この日は、その下見を兼ねていました。

sonaの服は、ブログで何回か見てましたが
実物を目にするのは、初めて。
注文予定のカーティガンをはじめ、一緒に行った友人と、
思いがけず、いろいろ試着させてもらいました。


まず第一の印象としては、
見た目がシンプルで、素材の良さや面白さが感じられるのですが
着た時のラインの綺麗さ、着心地などは
やはり、着てみないとわからないものですね、、。

撮影となった時には、そのあたりが
きちんと表現できるようにしないと。
撮り方もそうだし、コーディネートなどの道具立ても必要そう。


彼女の服は、素材が男性用のスーツの素材のような
品の良いボーイッシュなものが、
パターンと縫製で、エレガントな女性らしい服に仕立てられていたりして、、
そのあたりが、私としては、そそられました。
あと、ディテールにひと工夫あったりして
シンプルかつ個性的、という言葉も似合うように感じた。

そんな感想を膨らませて、撮り方を考えて見たいと思う。




Fshkno_0120
訪れた月曜日は、五条天神川の桜がほんと見頃!
ここがこんな素敵な桜のトンネルになっていたなんて、、知らなかった。


2014.4.10


« 立体感 | トップページ | Cool Japan »