« 服の良さを伝えること | トップページ | Bag咲く »

2014.04.16

Cool Japan

Sgimt_2808by iPhone

少し前のことですが、
企画展「杉本博司+京職人:メダカの学校」の
オープニングレセプションに行ってきました。


杉本博司氏のアートは、作品写真も好きですが
「歴史の歴史」展(2009)で、感銘を受けました。

しかし、その時に多い感動したのは、確かなのですが
この人のアートの本質は何なのだろう?、、とも。

確かに感じたことは、
「この人はホンモノを知っている」ということ。




Sgimt_2811

「杉本博司+京職人:メダカの学校」での作品(正確にはディレクション)は
とにかく「スゴイ」と感じました。
何をどう感じて「スゴイ」なのか、自分でもよくわからないのですが(笑)

制作は中川木工芸さんと、茶筒で有名な開化堂さん
やはり「スゴイ」と感じたのは、ホンモノの職人による技に基づいているからか、、
それを必要最低限の形で、ディレクションしているのも「スゴイ」のか、、。

一方で、
会場に来ていた浅田彰氏が「これこそクールジャパン!」
とスピーチしていましたが、多いにうなずけました。
(同行の友人も、同じく、と言ってました、、)
アニメもいいけど、確かにこのような作品こそ、クールジャパンであってほしい。


2014.4.15

« 服の良さを伝えること | トップページ | Bag咲く »