« 切り妻の下 | トップページ | 音が空間をつくる »

2014.06.30

マティス系

Njun2876by iPhone

先週、ノ・ジュン氏の個展と
それに伴うオープニングのレクチャー+対談に言ってきました。

小さな作品は、前に見たことあったのですが
今回は、高さ40センチほどの作品もあって
その大きいものがとてもよかったです。
木彫のものは特に、大きいものの方が
ノミ跡や、ペイントの感じから
誠実にこころを込めてつくってあるのが、良く解る気がして。

あと、プラスチック素材のものが、予想以上によかった。
ユーモアと造形のバランスがとても素敵。




Njun2875
レリーフも素敵だった。
作り込み方のバランスが良いなあ、、、。




Njun2873↑対談中のノ・ジュン氏とテーブルの上の作品。
(今回はどの作品を触ってもよいということになっていました)

レクチャーでは、美術評論家の方による
ミケランジェロあたりから、現代アートまでの流れの中で
ピカソ(革命系 )とマティス(五感快楽系)という
2つの系譜を挙げていたのが面白かった。

その評論家の方によると
このノ・ジュン氏の作品は、マチス系だとのこと。
すごくはしょって言ってみれば
「目にして、素敵!と思ったり、綺麗!やカワイイ!と思ったり
シンプルに気持ちが揺さぶられて、それでイイ!」
という系統だそう、、。


展示会は7/6(日)まで。open11-18時。
会場は studio ambient
京都市左京区下鴨北園町27-2
tel.075-781-0448 です。





2013.4.29

« 切り妻の下 | トップページ | 音が空間をつくる »