« 屋根の意志 | トップページ | 広げた翼 »

2014.07.28

桧皮葺きの幾何学

Izm042


葺き替えられた出雲大社の社の屋根たちは
シャープでエッジが利いていて、
陽の光を受けて輝いており、とてもモダンに見えた。

遷宮前の社は、苔むしているところもあったりして
風格はあるが、少しもっさりもしていたのだが
この日、目にした社は、現代建築に匹敵するぐらい先鋭的。




Izm018


現代建築だって、急勾配の階段に合わせるといって
こんなきつい角度の棟の屋根をそうそう組んだりしないのでは。
伊勢神宮といい、古代から続く神社建築は結構過激?

そして棟の角度は急な角度なのだが
桧皮葺きは、通常通り地面と水平に葺かれているのにも
唸ってしまった…。

2014.7.29



« 屋根の意志 | トップページ | 広げた翼 »