« 土 | トップページ | ラ・トゥーレット修道院 »

2014.10.15

公共建築

Hiraoka_273

坂倉準三坂倉建築研究所 設計による東大阪市旭町庁舎(旧枚岡市庁舎)を見学してきました。




Hiraoka_281_4

大阪を代表するモダニズム建築とのこと。
1964年竣工の地上3階、地下1階のコンクリート造の建物。
50年程前に立てられたとは思えないほど、外壁の打ち放しコンクリートは綺麗。


建物からは、建築で何かを成し遂げようとする
設計者の強い意志が、否が応でも伝わってくる。


ただ一方で、正直なところ、「取りつく島が無い」ような空間の雰囲気も感じる。
今の時代の、この施設を利用する市民を
「受け入れてくれる」ような空間の雰囲気が乏しいように感じた。




Hiraoka_261

屋上に上がってみると
気分舞い上がるような風景が広がっていた。
この屋上庭園は、残念ながら現在は一般的に立ち入りが出来ないようだったが。




Hiraoka_274

Hiraoka_270

竣工当時、この建物のまわりは、畑まじり風景が広がっていたというから
この屋上庭園の自然は、特に必要とされなかったかもしれないが
今となっては、建物が混み合う街の上のちょっと得難い空間のようにも思える。

この建物は耐震性を理由に、取り壊され、取って代わって新しい庁舎が建設される予定だそう。
ただ、今日の見学会での説明によると
保存し活用する方向の運動も立ち上がりつつあるようだった。
この屋上庭園のような「人への親密さ」を持つ場所が
その保存活用の何かきっかけにならないだろうかと思ったりした。

2014.10.14


« 土 | トップページ | ラ・トゥーレット修道院 »