« 蔵修復工事の記録 | トップページ | 蔵修復工事の記録 2-3 »

2015.03.08

蔵修復工事の記録 1


Pba4_p0001_2



(左頁)
本書は京都市内の繁華街に在する商家土蔵等の修復記録である。

工事は、経年と近年の集中的な降雨で傷みが著しいものとなっていた、
伝統的工法で建てられた土蔵の南壁面の修復と
土蔵と離れの間に架かったガラス庇の改修であった。
2014年8月着工、その後5ヶ月程かけて行われた。


修復を請け負った工務店は、

・土蔵を、創建当初に近い姿に復旧すること
・今後数十年、軽微なメンテナンスで建物を維持できること

を念頭に、発注者の予算等を考慮し
各職人と工法を検討して工事を行った。


(右頁下)
既存の荒壁には、麻の葉模様の檜垣(ひがき)が施されていた。

2015.3.8


« 蔵修復工事の記録 | トップページ | 蔵修復工事の記録 2-3 »