« 蔵修復工事の記録 10-11 | トップページ | 蔵修復工事の記録 14-15 »

2015.03.14

蔵修復工事の記録 12-13


Pba4_p1213



-上塗 砂灰と白漆喰塗-

P1213_058
1.砂灰(すなばい)を、摺り込むよう二回塗る。
これにより、仕上げの漆喰がしっかりと食いつく。
砂灰は漆喰に細かい砂を入れたもの。



P1213_010
2.練り上げた白漆喰。
今回は撥水性を高めるため、
専用の油も入れている。



P1213_081

P1213_129
3-4. 砂灰の乾き具合を見計らって、
上塗りの白漆喰を追っかけて二回塗る。
鏝を最初は縦に使い、次は横とし、
漆喰に含まれる繊維を絡み合わせる。



P1213_058_2
5. 塗掛(ぬりかけ)の辺りは、
定規を使い、鏝で整える。


2015.3.14



« 蔵修復工事の記録 10-11 | トップページ | 蔵修復工事の記録 14-15 »