« 交差点 | トップページ | うだつ連なる »

2015.03.25

鞘橋

324

橋桁の湾曲美しく
屋根が2段になっている、なんとも優雅な橋。

十返舎一九の金毘羅道中膝栗毛の中には、
「上の覆ふ屋形の鞘におさまれる御代の刀のようなそりはし」と書かれているという。

宿の方から、「神様が川を渡るための橋です」と説明された。
調べてみたら、なるほど、金刀比羅宮大祭の御神輿の渡御、
湖川神事、お田植え祭などの神事のときにのみ用いられるとのこと。

2015.3.25



« 交差点 | トップページ | うだつ連なる »