« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015.04.24

SHIBORI Magic_O Bai Shibori

Ktymibk_0910

絞りのスカーフは
表(絞りの突起がある方)使いするか、あるいは裏使いするかで、
表情は大きく異なります。

右の花型に纏めたスカーフは
上は表面を、下は裏面を見せており
左の着衣の写真は、
部分によって表面と裏面を使い分け
スタイリングしています。

2015.4.23

2015.04.23

SHIBORI Magic_絞りのwhite on white

Ktymibk_0304

絞り染めとは
意匠的に染めない部分をつくるように
「布を絞る」という加工を行うのだが

片山文三郎商店の商品では
絞ったことによる立体感の方を生かし
本来の色の染め分けを行わないものが、多くある。


多種の絞りのテクスチャーと
シルクの光沢、透け感が重なり合った
white on whiteのフェミニンなコーディネイト。
スカーフは、細かな絞りで唐草紋様を表現した唄絞りスカーフ

2015.4.23

2015.04.22

SHIBORI Magic_KUMO

Ktymibk_0506

KUMOスカーフ
絞りの形もそうですが、軽くそして透け感もあって、
まさに「雲」のイメージ。

何色か色のバリエーションがあるが
中でもこの色は、少し金属的な光沢があって
未来的なテイストも感じられる。

2015.4.22

2015.04.21

絞り・マジック

Ktymibk_00

京絞りブランド片山文三郎商店の
イメージブックのリニューアルの仕事をしました。

数年前に制作したものと、同じコンセプトで
現行の商品を改めて撮影し
今年初めのヨーロッパの展示会用に納めた。





Ktymibk_0102

イメージブックは、蛇腹折りの小冊子。
おおよそ2面が対となった、レイアウトとなっている。

左は定番商品 Waスカーフ(トップ画像も同商品)、

右は突き出し絞りスカーフ
唄絞りスカーフ

2015.4.21

2015.04.13

昨シーズン 我楽ポスター

Grak_52

ちなみに昨シーズン後半の
焼菓子「我楽」のポスターは↑

「この土地で、育った誇りがある。
いまここに、我楽。」

JR駅貼ポスター / ディレクション:fonte products,
グラフィックデザイン : ODAGIRI DESIGN, 撮影:fotochihiro,


それ以前のポスターはコチラ

2015.4.12


2015.04.10

春の道

Grak_458_2

こちらも、焼菓子「我楽」のキャンペーンポスター制作の撮影に行った時のスナップ。
春うららかな日は、曲がりくねった道が、なんだか楽しい。

焼菓子「我楽」パティスリー・Tマファッソン
今年5月頃、2店舗目をオープンされるとのこと。

新店舗展開とは、素晴らしいことです。
自分も撮影で制作に関わっている我楽のポスターが
売上を後押ししているとしたら、嬉しい。

新店舗はJR草津駅近く。

15.4.10


水たまり

Grak_422

焼菓子「我楽」のキャンペーンポスター制作、今年で6年目。
先週、3回滋賀の草津市及び守山市に撮影にいってきました。

写真はその1枚、雨上がり。

15.4.9


2015.04.07

フナトト

345

脇町のメインストリートは
ある時代の繁栄ぶりを見て取れる、軒が高い大柄な商家が並ぶ。

そのうちの一軒、改装されショップとなっている
「産直と道具と喫茶 フナトト」の空間。
桟が繊細な古い建具にガラスを入れ、上手く使っている。
中庭の緑の向こうには蔵が。



346

財力があった上に、周囲から材が調達しやすかったのだろう
立派な梁を間隔狭く並べ、垂木などは使わず
梁の上に、直に厚板を並べて床の下地としている。
高く、堂々たる床組。



370_2

ファーサードも、もちろんかなりの貫禄。
うだつ、重そうです。

脇町では、各々の商家のボリューム感も印象に残った。

2015.4.7



軒裏の造形

368

脇町では「うだつ」も面白いと思ったが
街路に与える印象としては
しっかりと厚みで漆喰が塗られた軒裏の連続も
なかなかの造形物だと思った。




348

351

出が浅いものでも、各々しっかり本瓦葺きとなっていて
その軒裏は漆喰の白い量感が在る。
それらが街路に自由に伸び出ている。

特に、緩く曲がった街路などでは
歩くごとに、街路の表情に変化を与える要素となっていた。

2015.4.6


« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »