« 穴太衆積み | トップページ | 西瓜 »

2016.07.07

石に宿る

Cf017374_1

家近くの神社の垣根の足元に
かろうじて人型と判るような小さな石が祀られていた。

日吉大社のある大津市坂本あたりは
何かと石造のものが眼に留まって、それを好んで撮っていたが
どうやら、大津に限ったものではなく
近江という地が、石造文化圏であったらしい。

白洲正子著の近江山河抄によると
もともと石や岩座は、古代の自然信仰の対象で
仏教が伝来してからは、それに宿るのは仏となったという。
その過程が理解できる場所が近江だとのこと。

2016.7.7


« 穴太衆積み | トップページ | 西瓜 »