フジイフシキノ・モスリンの服

2016.04.05

カラーパレット

160405_002_2

先の土曜日に、友人の展示会に行ってきました。


「モスリンの服と組み立て家具」
http://fujiifushikino.com/news/info/1033.html

天井高く白い部屋に、カラフルなモスリンの服が並んでいて
暖かい季節の訪れを感じ、身も心も⤴の空間でした。

2016.4.5


2012.10.05

モスリンの服 @ミミヤマミシン

Ff_1766by iPhone

前の水曜日は、新大阪での仕事の帰りに、
大阪・中津のミミヤマミシンさんでの
fujii+fushikino モスリンの服の展示を見てきました。


今回は上の写真のように
会場では、MT(マント)が主役をはっていました。
ふだんは、試着したいと思いながら
気恥ずかしくて、なかなかしないのですが
この日はお客さんが私しかいなかったので
気を落ち着けて試着してみました(笑)


マントは布がほとんど最小限といっていいほど
一部が縫ってあるだけの輪っか状の布なんですが
体を通してくるっと羽織ると、さっと服に変身するのです。
ストールと一見似たように思えるのですが
実はだいぶ違っていて、立体感がよく出ます。やはり服。
色や柄ゆきも、羽織ると布状の時に見えていたものと印象が変わります。
不思議、不思議。
かなりビビッドな色ものでも、
羽織ると巻いた分だけ色が混じって
着る人にフィットします。


会場には、スペースを運営するPANTALOONの中野さんがいらして
彼女の楽しいお話で(彼女の話し振りが好き)
数年ぶりの再開を楽しみました。


会場横のミミヤマミシンさんの工房で
ミミヤマミシンさんとコラボレイトで商品化された
SEAM!のシリーズを見せ頂きました。
どれもハート鷲掴みの素敵なものばかり。
素材の特性(特に構造)と、デザイナーと作家の感性が十分に活かされていて
正直、欲しいものばかり、、でした。



Ff_1768by iPhone

会場のミミヤマミシンさんは
鄙びた感じとキュートさが混じり合う中津エリアの
細い路地に面したスペース。
中津駅からそんな界隈を歩きながらの道のりも
仕事後のリフレッシュとなりました。

年末あたりに、オランダのプロダクト・デザイナーの展示があるとのこと。
その折りには、また来たい。

2012.10.04.


2012.09.22

水玉マント

Ff_0307

fujii+fushikinoさんより秋の展示会の案内が届きました。


10月の初めに大阪、中頃に京都で
「モスリンの服」 -手染めモスリンを使った衣服の展示販売- 開催、とのこと。
大阪の方は中津のミミヤマミシンさんが会場。
HPを見たら、大阪まで足を運びたくなりました。
http://www.mimiyama-mishin.net/index.html


DMの写真は、夏にモスリンの服・着衣コマ撮りした時
コマ撮り終了後、自由に撮らせてもらったうちの1カット。
写っているのは、水玉のMT(マント)
彼女たちのつくる服って動いた時も素敵なんです。

2012.09.22


2012.07.28

ファッションは秋色

Ff_0240

昨日はモスリンを使い服づくりをする
フジイフシキノさんとの撮影のお仕事。
彼女たちの作品たちはすでに秋色。
10月、大阪と京都でこのモスリンたちに出会えるとのこと。

2012.7.27撮影


2011.07.05

水玉モスリン


Dsc_0424

muslin Bookには、その作品の制作風景の様子も載っています。
こちらは、作家の藤井さんが、モスリンに色を置く風景。
刷毛で置かれた染料が、小さな丸い池のように点在しています。
(bookに掲載されている制作風景の写真は上の画像のみ)




Dsc_0435

色を置いてしばらくすると、地の色とちょっとした反応が起こって




Dsc_0443

池のエッジに新しい表情が出てきます。
こんなふうな変化があるなんて、この作業風景を見せて頂くまで知りませんでした。




Dsc_0444

布両端部を挟んで引っ張って染めるからこそできる
白(塗り残し)とその他の色の重なりも、素敵。
ここ部分が服になったときに、
全体の中でのアクセントになることもあるんですよね。



モスリンの服 
http://fujiifushikino.com/

2011.4.2撮影








2011.07.04

muslin book

Ff3153

何が並べられていると思いますか?

これは、モスリンという布地で服づくりをするfujii+fushikinoさんの服の型紙を
(不思議なことに?)黒く塗られた畳の上に並べたものです。

彼女たちの作品のブックレットのために、この春に撮影しました。
この型紙からあの服たちが生まれるんですね…。




Img_0640by iPhone

その出来上がったものが、先週手元に届きました。
凛とした雰囲気のある、素敵なブックレット。
(女性モデルと緑の布の写真は、別の写真家さんによるものです。)


彼女たちの作品・活動はこちらで。
サイトデザインも綺麗です。
http://fujiifushikino.com/

2011.7.4








2009.04.23

春色のモスリン・その2「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」展

Tf0180


「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」展、会場記録その2。


Tf0178_3
Tf0173
Tf0179
Tf0177
Tf0195
Tf0174_3
Tf0186



+
モスリンの手染めをする作家の谷本良子氏のブログはコチラ

ぬのブログ
http://nunobu.jugem.jp/



2009.04.15

お昼どき、白川のサクラ

Tf0161

先週末4/11(土)-4/13(月)開催の
「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」展示会場、
町家Gallery・Casa de Banano前の白川の風景。
お昼どきの幸せな時間。
桜はこの土曜日を期に一気に散り始めました。

2009.04.13

春色のモスリン・その1「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」展

01_dsc0172


京都・岡崎の町家Gallery・Casa de Bananoで4/11(土)-4/13(月)開催の
「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」展にて。
春の風に舞うモスリンたち。

02_dsc0162 03_dsc0112 04_dsc0115 05_dsc0166 06_dsc0120_2 07_dsc0168

+ モスリンの手染めをする作家の谷本良子氏のブログはコチラ

ぬのブログ
http://nunobu.jugem.jp/


2009.04.11

モスリン展「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」スタート

Tf0111_2

昨日よりモスリンを題材にした服の作品展
「谷本良子と伏木野芳の洋服づくり」
が始まっています。

Casa de Bananoでは
春色の服と白川沿いの桜の花びらが
軽やかに舞っていました。


その他のカテゴリー

*仕事について考えたこと | *最近の仕事 | *豊かと感じる日々、時々 | SHIBORI Magic,片山文三郎商店 | sona、服を考え つくるひと | YAMAHA,AG200からの視界 | お気に入り♡ | お知らせ | めづらしきもの | ものづくりの風景 | アート,デザイン | クロアチア・ドゥブロヴニク | フジイフシキノ・モスリンの服 | メキシコと私 | モノづくりについて | 京の工芸・Kyoto Classic | 京の表現塾 | 京都、日々の風景 | 京都・町家_ひなみ | 京都・町家_好日居 | 京都・町家_鞍馬口ん家 | 人と自然と建築と | 住まいや空間のハナシ | 古建築を観る | 四国・石に出会う旅 | 国宝建築を訪ねる | 土の鍋とその時間 | 小さな作家さんWorks | 山中の工房に楽しく棲む♪ | 左官の風景 | 手描染屋 真水 | 旅のスナップ | 木工・groundwork | 気になるイベント紹介 | 滋賀の風景 | 漆@輪島、七尾 | 焙煎の風景@オオヤコーヒ | 焼菓子ポスター「私の街、我楽」 | 片山文三朗商店での仕事 | 琵琶湖のある景色 | 白州正子の旅に惹かれて | 石積みの町・坂本 | 神戸・塩屋_旧グッゲンハイム邸 | 素敵な絵描きさんたち@アトリエ・ハピバール | 美味しいものを食べたい | 職人の手 -大工- | 茅葺きの風景の記録 | 蔵修復工事の記録-京都市中京区- | 薪ストーブ事始め | 街並を訪ねる | 街路と路地 -鞆- | 鯖街道から若狭へ