*仕事について考えたこと

2014.04.29

「そしてその場で忘れましょう」



閑谷学校の写真は、まだ続いてアップしますが
最近の新聞で、「!」と思う記事があったので
まずは、そちらをここに紹介。


「汗は自分でかきましょう。手柄は人に上げましょう。」

続きは、、

「そしてその場で忘れましょう。」!


これは、「竹下(元首相)語録」として
自民党に受け継がれているものだそう。
政治には疎い私ですが、
この言葉、めっちゃ腑に落ちた。
普遍的な内容なんじゃないかな、、。



この記事では
「汗は自分で、、」の言葉を、心に留めているのは、
自民党の石破氏と紹介されている。

石破氏が自民党に復党した時に、
竹下氏から直接語りかけられた言葉も、記事にあって


「正しいことを言う時は周りの人を傷つけるもんだ」。


こちらも、ぐっと、胸に迫るものがある、、。

2014.4.29

2014.04.10

服の良さを伝えること

Fshkno_0134

今週の始め、服づくりをする友人を訪ねました。
友人の伏木野さんは、訪ねたアトリエ
sonaという名前で服づくりしている。
fujii+fushikinoというユニットでも活動している。)


今後sonaの服を撮影するかもしれない、ということもあって
この日は、その下見を兼ねていました。

sonaの服は、ブログで何回か見てましたが
実物を目にするのは、初めて。
注文予定のカーティガンをはじめ、一緒に行った友人と、
思いがけず、いろいろ試着させてもらいました。


まず第一の印象としては、
見た目がシンプルで、素材の良さや面白さが感じられるのですが
着た時のラインの綺麗さ、着心地などは
やはり、着てみないとわからないものですね、、。

撮影となった時には、そのあたりが
きちんと表現できるようにしないと。
撮り方もそうだし、コーディネートなどの道具立ても必要そう。


彼女の服は、素材が男性用のスーツの素材のような
品の良いボーイッシュなものが、
パターンと縫製で、エレガントな女性らしい服に仕立てられていたりして、、
そのあたりが、私としては、そそられました。
あと、ディテールにひと工夫あったりして
シンプルかつ個性的、という言葉も似合うように感じた。

そんな感想を膨らませて、撮り方を考えて見たいと思う。




Fshkno_0120
訪れた月曜日は、五条天神川の桜がほんと見頃!
ここがこんな素敵な桜のトンネルになっていたなんて、、知らなかった。


2014.4.10


その他のカテゴリー

*仕事について考えたこと | *最近の仕事 | *豊かと感じる日々、時々 | SHIBORI Magic,片山文三郎商店 | sona、服を考え つくるひと | YAMAHA,AG200からの視界 | お気に入り♡ | お知らせ | めづらしきもの | ものづくりの風景 | アート,デザイン | クロアチア・ドゥブロヴニク | フジイフシキノ・モスリンの服 | メキシコと私 | モノづくりについて | 京の工芸・Kyoto Classic | 京の表現塾 | 京都、日々の風景 | 京都・町家_ひなみ | 京都・町家_好日居 | 京都・町家_鞍馬口ん家 | 人と自然と建築と | 住まいや空間のハナシ | 古建築を観る | 四国・石に出会う旅 | 国宝建築を訪ねる | 土の鍋とその時間 | 小さな作家さんWorks | 山中の工房に楽しく棲む♪ | 左官の風景 | 手描染屋 真水 | 旅のスナップ | 木工・groundwork | 気になるイベント紹介 | 滋賀の風景 | 漆@輪島、七尾 | 焙煎の風景@オオヤコーヒ | 焼菓子ポスター「私の街、我楽」 | 片山文三朗商店での仕事 | 琵琶湖のある景色 | 白州正子の旅に惹かれて | 石積みの町・坂本 | 神戸・塩屋_旧グッゲンハイム邸 | 素敵な絵描きさんたち@アトリエ・ハピバール | 美味しいものを食べたい | 職人の手 -大工- | 茅葺きの風景の記録 | 蔵修復工事の記録-京都市中京区- | 薪ストーブ事始め | 街並を訪ねる | 街路と路地 -鞆- | 鯖街道から若狭へ