石積みの町・坂本

2016.07.17

里坊の石積み その3

Cf017733
 
日吉馬場(日吉大社参道)側道には、石造りの側溝があって
いつも心地よく水が流れている。
比叡山からの清水だろうか。

2016.7.17

2016.07.14

里坊の石積み その2

Cf017750

日吉馬場(日吉大社参道)の両側には、
穴太衆積みの石塀が続く。
この石塀は、日吉大社の足元に立ち並ぶ里坊
それぞれの敷地を囲っている。

2017.6.14

2016.07.13

里坊の石積み

Cf017716_5

日吉馬場(日吉大社参道)の両側には、
穴太衆積みの石塀が続く。
この石塀は、日吉大社の足元に立ち並ぶ里坊
それぞれの敷地を囲っている。

2017.6.13

2016.07.07

石に宿る

Cf017374_1

家近くの神社の垣根の足元に
かろうじて人型と判るような小さな石が祀られていた。

日吉大社のある大津市坂本あたりは
何かと石造のものが眼に留まって、それを好んで撮っていたが
どうやら、大津に限ったものではなく
近江という地が、石造文化圏であったらしい。

白洲正子著の近江山河抄によると
もともと石や岩座は、古代の自然信仰の対象で
仏教が伝来してからは、それに宿るのは仏となったという。
その過程が理解できる場所が近江だとのこと。

2016.7.7


2016.07.05

穴太衆積み

Dsc_0526

穴太衆(あのうしゅう)積みは、
大津市坂本に居住地を置く
石工集団が積んだ石垣のこと。

坂本の町に多数立ち並ぶ里坊(さとぼう)と呼ばれる延暦寺末端の寺院群は
穴太衆の組んだ石垣で囲まれており
石垣によって作られた街路は
個性的な空間となっている。

2016.7.5

2016.06.04

楼門

Cf017269s

日吉大社、東本宮楼門。

2016.6.3


2016.05.24

石橋

Cf017106_s

日吉大社、東本宮(旧称:二宮)に向かう橋、 二宮橋。
現在は山王祭の時にのみ渡ることができる。

2016.5.24


2016.05.22

鳥居

Cf017115

大津市坂本、日吉東照宮にて

2016.5.22

2016.05.14

山王祭・午の神事-8

160416_060

山王祭・午(うま)の神事。

2016.4.15


山王祭・午の神事-7

160416_056

山王祭・午(うま)の神事。

松明の明かりに先導され
奥宮から神輿2基が降りてくる。

2016.4.15

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

*仕事について考えたこと | *最近の仕事 | *豊かと感じる日々、時々 | SHIBORI Magic,片山文三郎商店 | sona、服を考え つくるひと | YAMAHA,AG200からの視界 | お気に入り♡ | お知らせ | めづらしきもの | ものづくりの風景 | アート,デザイン | クロアチア・ドゥブロヴニク | フジイフシキノ・モスリンの服 | メキシコと私 | モノづくりについて | 京の工芸・Kyoto Classic | 京の表現塾 | 京都、日々の風景 | 京都・町家_ひなみ | 京都・町家_好日居 | 京都・町家_鞍馬口ん家 | 人と自然と建築と | 住まいや空間のハナシ | 古建築を観る | 四国・石に出会う旅 | 国宝建築を訪ねる | 土の鍋とその時間 | 小さな作家さんWorks | 山中の工房に楽しく棲む♪ | 左官の風景 | 手描染屋 真水 | 旅のスナップ | 木工・groundwork | 比叡山の麓、日吉大社 | 気になるイベント紹介 | 滋賀の風景 | 漆@輪島、七尾 | 焙煎の風景@オオヤコーヒ | 焼菓子ポスター「私の街、我楽」 | 片山文三朗商店での仕事 | 琵琶湖のある景色 | 白州正子の旅に惹かれて | 石積みの町・坂本 | 神戸・塩屋_旧グッゲンハイム邸 | 素敵な絵描きさんたち@アトリエ・ハピバール | 美味しいものを食べたい | 職人の手 -大工- | 茅葺きの風景の記録 | 蔵修復工事の記録-京都市中京区- | 薪ストーブ事始め | 街並を訪ねる | 街路と路地 -鞆- | 鯖街道から若狭へ