美味しいものを食べたい

2013.07.18

夏の食パン

Shrkawap_0250

『透ける』という涼感」について話をしていた時に
頂いていたのが、このベーカリ白川ーの食パン。

「とてもしっとりしているから、夏でもすっと喉を通りますよ。」
と御馳走になった。

確かにきめ細かくてしっとり、
耳もしっかりして美味しかった!
(サイズも通常のものより、少し小振りで
お皿に盛ったとき、ダラッとせず丁度いい感じ。)


こちらの食パンは
予約しないと買えないほどの人気商品だそう。
実はわりと近所でよく前を通るので、
パン屋さんの存在は知っていたけど
食パンがそんなに有名だとは知らなかった、、。


一緒に御馳走してくださった夏野菜のメニューも、とても美味しかった。
トマトのマリネ、水なすと山椒味噌をのせたキュウリの浅漬けなどなど。(野菜は自家製!)
暑い日でしたが、こちらも箸が進みました。
目にも凉しい一皿。

2013.7.18



2013.06.23

梅を収穫

_dsc0074

先週末のことですが、友人宅で梅を収穫。
大人4人+子供1で、かなり本気に梅をもぎました。
今年は豊作で、3本の樹からとれたのは、20kg弱。
(去年は8kg)





_dsc0066_2

収穫後は一カ所に集め、計って2キロずつ袋に詰めました。
友人の娘 Mちゃんも、計るの手伝ってくれました↑ありがとう。

収穫するのに結構体力使ったし(蒸し暑かった)、量も多かったので
粒の大きさと、熟れ具合の選別とか全然できずに、袋詰め。
(後日もらってくれた友人たちへ。バラバラですみませんでした、、。)





_dsc0080

今年は梅酒の他に、梅酢シロップもつくってみました。
黒酢ドリンクのように、体にいいと聞いたので。

上はお酢に漬ける前の(熱湯で)灰汁抜き中の梅たち。
お湯の中で青い梅は色が変わった。
黄色くって、まんまるでかわいい梅たち。

梅酢シロップは、梅酒より早く出来るようで、たのしみ♪

2013.6.22


2012.08.22

かまどさん

Dnabe_0172_3

以前より圧力鍋や土鍋で白ご飯や炊き込みご飯を炊いていたが
白ご飯を炊く鍋をもう一工夫しようと思い
長谷園のかまどさんを購入。本日届いた!


先週末には、鍋の大きさや重さ、光沢の感じを確かめるのに
伊賀・丸柱にある長谷園の本店を訪れた。
ネットでも購入できたけど、行って持ってみてよかった。
二重蓋なので、なかなか重い。
その重さと、家のキッチンの大きさからして、二合炊きに決定。
この大きさなら、テーブルにそのまま出しても
そんなに大きな場所とらないし。


ギャラリーyamahonも在る丸柱は
なだらかに続く田圃と林の緑が風景をかたちづくっている場所。
この日曜日は夏の陽の中で
稲の緑と色づき始めた穂の黄緑色が輝いていました。
バイクで春夏秋と何回も通っているが、ここは、いつも美しいなあと感じる。


これからまずは、土鍋の目止めを。
炊くのはそれから。

2012.8.22



2011.07.01

茅の輪くぐり


Img_0630by iPhone

昨日は夏越の祓い

私は先週末に友人の家へ遊びに行った時に
近くの今宮神社で茅の輪をくぐりました
今宮神社ほぼ横といっていい友人宅には時々遊びに行きますが
神社の境内に足を踏み入れたのは、初めて。
緑深く、静かで心落ち着く佇まい。
ほんと気持ちよかった。






Img_0631by iPhone

この日はあぶり餅デビューでもありました。
今迄に来た時はいつも行列で、ついぞ食べそびれていたのでした。

参道に並ぶ2軒うち、友人ご贔屓の方の一和さんの店先で冷えたお茶と共にいただきました。
(写真はそのお向かいに位置するかざりやさんの方)
炭火で焼かれたお餅と甘い味噌ダレ、美味しかったな。

この日は水無月も頂いたし、半年の穢れをすっきりと落としました。
暑さに負けずにこれからも頑張るぞ。

2011.07.01







2010.03.20

サクラな おやつ

Sakuracafe0054
桜のマドレーヌ、さっくりクッキー、ビスコッティ、
小さなお菓子たちをほうじ茶とあわせて。




4月はじめの週末、京都・岡崎のgallery Casa de Bananoにて開催の

----------
おもてなしシリーズ「サクラ喫茶」
2010.4.3Sat-4.4Sun 12:00-18:00

cinnamome(お菓子)
森田ふみ(器)
kotin 今村真琴(袋)

----------


のおやつセットのご紹介。
ケーキセットが2種、そして小菓子セット
どちらも ほっこりほうじ茶を合わせて、
春のおやつセットが3種類用意されていますー。


Sakuracafe0060

こちらは、緑のドットが入ったそら豆のチーズケーキ、そしてほうじ茶。
ケーキもう一種は苺のクランブルケーキ。

おやつセットで使用の器は購入可能です。
実際使ってみて買うことができるのは、いいですね。

私はケーキセットにあわせた、たっぷりお茶ボウルがとっても気になっています。
チャイや、スープも似合いそうだし、
両手で持ってしっくりくるカタチもお気に入り。
(現品になりますので、詳しくはスタッフにお尋ねください)

明日はお持ち帰りの春のおやつセットをご紹介します。



2009.11.26

陶のスタディその6_+α

Hbkncp0007


先日アトリエ・アピバールにて絵付けをしてもらった素焼きのうつわ。
今週、いよいよ釉をかけて焼成。

全部で14つ程のうつわを窯にいれますが
そのうちひとつふたつ、描いてもらった絵の色が薄くて、
釉をかけたら見えにくくなってしまいそうなものに
色は使わず彫りを入れ、絵柄の密度をあげたり
焼成前にちょっとだけ手を加えました。
(うつわの口部分、青い部分は、
撥水材が塗られている箇所で、焼成時にとんで色は無くなります↓)




Hbkncp0020


今回の私の仕事はここまでで
あとは焼き上がりを待つばかり。

そしてこの日は作業の後、素敵なランチが待っていました!
今回うつわづくりのサポートをしてくれた陶芸家の森田さんのご主人が
彼自身が釣り上げたスズキで、素敵な一品を用意してくださいましたー。
彩りのよいお料理だったので、つい撮影。↓


Mfmi0029


アクアパッツアなるもの、名前は聞いたことありましたが
初めて頂きました!美味!アサリの出汁って美味しい!
スズキは気水域で釣り上げたものだそう。
釣りのお話しを聞きながらの魚料理は、なお良し、でした。




うつわの方は焼成後、また報告の予定です。



2009.11.08

秋を盛る

Hnm0374s


枝付きの柿には
こんな大きな鉢が似合うのですね。
自然をそのまま盛りつけたよう。


ちなみに、以前の夏の鉢はこんな感じでした↓
http://parammm.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-9e35.html

夏も秋も、京都・ひなみにて。



2009.10.14

赤い土なべにチリコンカルネ+タコトマパプリカ

Ts3k0090s
(ケイタイ写真ですみません)


今週月曜日も森田ふみさんの陶工房におじゃましました。(=陶のスタディ2
ずうずうしくも赤い土なべにチリコンカルネをやりたいがため、
久しぶりに豆やらひき肉やらを煮込み、昼ごはんに持って行きました。
コリアンダーの生葉を買って行く暇がなく
緑を添えれなかったのが残念ですが
やっぱりこの鍋にこのお料理は似合います。
トマトの煮込み系が似合うんでしょうね。

また、土なべと同じ赤い土に黒い釉をかけたうつわ盛った
タコとトマトとパプリカのサラダの色合いが
食卓を美しく、とっても美味しそうに彩ってくれました。
こちらは森田ふみさんが、手際よく用意してくれました。

お料理とうつわが仲良く出会ったときには
本当にシアワセな食卓になりますね!




+
ちなみに…
シアワセな食卓・その1
シアワセな食卓・その2



2009.09.07

赤い土なべにチリコンカルネ

Mfmi0225


先週末は、陶芸家の方の家+工房を訪ねました。
作品の方は、また彼女がしっかり普段使いしている
土なべを初めとする食器などを、見せて頂く。

彼女の造形感覚が私のツボをおさえていて
これ欲しいなあと思うもの多し。
特に目を惹いたのは、耐熱用の赤い土に黒や茶の釉をかけた土なべと深皿。
鍋は把手が無くすっきりとした感じ、深さも適度で大きさも小振り、
また黒という釉や、釉のかけかた(素地の残し方)なども
冬のお鍋だけでなく、スープやシチューも似合いそう。
こんな素敵なお鍋を普段使いしたいなあ。

最初は赤という色からビーフシチューが仕込まれているのをイメージしましたが
後で、チリコンカルネがふっと頭の中に。
トマトソースで煮込んだたっぷりのひき肉と赤いんげん豆、きっと似合うと思います。



2009.08.25

たしなみのバナナ茶会 By好日居

Cdbbanat0068


京都・岡崎のとある長屋の中庭に、数本の大きなバナナの樹があります。
え、雪も降る京都にバナナの樹?と思うのは当然…。
バナナにとって京都の気候もごく小さな中庭という状況も
けっして快適とはいえないと思うのですが
なぜか健やかに育ち、今年は3房も実をつけています。
その茂れるバナナにインスピレーションを受けた好日居さんが
先の日曜日にここCasa de Bananoにて
お茶会を開催してくださいましたのでその報告を。


まずは、バナナ茶会の案内から

------
たしなみのバナナ茶会
2009/8/23 18:30-
@Casa de Banano
by 好日居

「バナナ」は植物分類学上 「ショウガ目/バショウ科」に属す
バナナの花言葉は「風格」

芭蕉野分けして 盥(たらい)に雨を 聞く夜哉   松尾芭蕉
俳人・芭蕉は隅田川の草庵に芭蕉を植え大いに茂り「芭蕉庵」と名付けたといわれる
現代の「芭蕉庵」、それは岡崎白川傍「Casa de Banano」の事であろう

さあさあ…バナナ茶会のはじまりだあ!
さあさ気に入ったらCasa de Bananoに寄っといで!
そこのおにいさん、おねえさん
バナナ茶会をやろうじゃねえか!


MENU ー茂れるBANANAの草の下で−

序章 バナナは草である/草の水
第一章 飲むバナナ/バナナの叩き飲み?/チベタンバター茶+BANANA
第二章 詠むバナナ/芭蕉にちなんで俳句会
第三章 喰うバナナ/楽しむお菓子/BANANA色のお茶。雲霧単叢(広東省…バナナの産地)
最終章 当たるバナナ/お楽しみ!スペシャルバナナ当たる!

さよなら三角またきて四角
四角は豆腐 豆腐はうまい
うまいはバナナ バナナはスベル
スベって転ンで当ルはバナナのお楽しみ!

------


Cdbbanat0089



その他のカテゴリー

*仕事について考えたこと | *最近の仕事 | *豊かと感じる日々、時々 | SHIBORI Magic,片山文三郎商店 | sona、服を考え つくるひと | YAMAHA,AG200からの視界 | お気に入り♡ | お知らせ | めづらしきもの | ものづくりの風景 | アート,デザイン | クロアチア・ドゥブロヴニク | フジイフシキノ・モスリンの服 | メキシコと私 | モノづくりについて | 京の工芸・Kyoto Classic | 京の表現塾 | 京都、日々の風景 | 京都・町家_ひなみ | 京都・町家_好日居 | 京都・町家_鞍馬口ん家 | 人と自然と建築と | 住まいや空間のハナシ | 古建築を観る | 四国・石に出会う旅 | 国宝建築を訪ねる | 土の鍋とその時間 | 小さな作家さんWorks | 山中の工房に楽しく棲む♪ | 左官の風景 | 手描染屋 真水 | 旅のスナップ | 木工・groundwork | 比叡山の麓、日吉大社 | 気になるイベント紹介 | 滋賀の風景 | 漆@輪島、七尾 | 焙煎の風景@オオヤコーヒ | 焼菓子ポスター「私の街、我楽」 | 片山文三朗商店での仕事 | 琵琶湖のある景色 | 白州正子の旅に惹かれて | 石積みの町・坂本 | 神戸・塩屋_旧グッゲンハイム邸 | 素敵な絵描きさんたち@アトリエ・ハピバール | 美味しいものを食べたい | 職人の手 -大工- | 茅葺きの風景の記録 | 蔵修復工事の記録-京都市中京区- | 薪ストーブ事始め | 街並を訪ねる | 街路と路地 -鞆- | 鯖街道から若狭へ